2006年06月11日

体外受精から20年、偏見を乗り越えた子供たちの交流会

体外受精の子どもら交流会 米で、偏見乗り越え20年

 米国で約20年前に体外受精により生まれた世代と、最近の新生児らによる交流会が10日、米カリフォルニア州北部サンラモンで開かれ、出席者らは、生命誕生に人為介入することへの疑問や偏見を乗り越え、不妊治療として定着した体外受精の成果を確かめ合った。

 交流会には、体外受精で生まれた約200人と保護者ら計500人が集合。主催した不妊治療クリニックのドナルド・ギャレン医師(63)は「約20年前に生まれた子供たちが立派に成長し、自分よりも背が高くなっている。大変素晴らしいことだ」とあいさつした。

 最年長のブライアン・ストリックランドさん(21)は「新聞やテレビに取り上げられたので、小さいころから自分が体外受精だったことは知っていた。友達は逆に『かっこいい』と言ってくれた」と話した。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 周囲がポジティブに捉えてくれると本人も非常に楽なのですが、これはアメリカの風土だからこそできることなんでしょうかね。日本でも偏見を持たずに接していきたいものです。何らかわらない、命なのですから。


広告
posted by さじ at 21:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小児
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。