2006年06月11日

中国の臓器移植件数が85000件を超え、第二の臓器移植大国に

臓器移植8万5000件に=第2の大国「世界先進水準」−中国

 中国の医学団体、中華医学会臓器移植学会の陳実主任委員(教授)は、同国でこれまでに8万5000件以上の臓器移植が実施され、2005年は1万2000件以上と最高記録を更新したことを明らかにした。10日の新華社電が伝えた。

 陳教授は「わが国は米国に次ぐ第2の臓器移植大国。海外で行っているあらゆる移植手術が国内でも実施でき、世界先進水準にある」と強調した。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 法整備は大丈夫、だとは思いますが、なんとなく裏の社会を感じずにはいられません。しかし数をこなせる分、技術が向上していることは確かでしょう。アメリカだって昔は失敗を重ねて成功を手中に収めてきたんです。

 ますます日本人は、海外に出て臓器を「買い」に行くのでしょうか。何故自国でまかなおうとしないのでしょうか。

関連:法整備が進んでいないため、外国人の臓器を高値で買い漁る日本人


広告
posted by さじ at 00:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 移植
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック