2006年06月10日

思春期の女の子の肥満は高アンドロゲン血症と関連する

思春期の肥満は高アンドロゲン血症を引き起こす

 7-17歳の少女76人を対象にして体重、ホルモンレベル、思春期ステージの関連を調べた結果、思春期の肥満は高アンドロゲン血症と関連すると分かりました。

 調査の結果、正常体重の少女に比べて肥満少女では総テストステロンレベルと遊離テストステロンがそれぞれ2.1倍、3倍高値を示しました。また、正常体重の少女に比べて肥満女性では性ホルモン結合グロブリンレベルが50%低くなっていました。

 初期思春期に限って解析した場合、遊離テストステロンレベルは正常体重の女性よりも5倍高くなっていました。

 この結果から、思春期の肥満と高アンドロゲン血症が関連し、その関連は初期思春期において顕著であると分かりました。

 高アンドロゲン血症は男性的な特徴の発現を促します。また、思春期の高アンドロゲン血症により、後に多嚢胞性卵巣症候群を発現するリスクが上昇します。多嚢胞性卵巣症候群では、不妊、肥満、異常な月経サイクル、体毛の過度の成長等を伴います。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 なるほど。だから多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)では肥満を合併することが多くなるのか。専門的すぎてイマイチ消化しきれませんがこういう事実があるということで。


広告
posted by さじ at 12:25 | Comment(1) | TrackBack(0) | 内分
この記事へのコメント
>>フセフオ、キさん
ヤシマヤシマ マホマモ

>>名無しさん
スポンジは微妙ですがボブは私も大好きです。

>>risaさん
これはどうも。ありがとうございますー。
Posted by さじ at 2006年06月10日 15:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。