2006年06月05日

【滋賀】脊椎や頚椎を損傷した人向けの施設が開所

治療・訓練・精神的ケア リハビリ総合支援 守山 県立センターが開所

 事故などで脊椎や頸椎を損傷した患者に対し、リハビリの専門的な医療に加え、社会復帰訓練や精神的なサポートなど総合的な支援を行う「滋賀県立リハビリテーションセンター」が3日、守山市守山5丁目の県立成人病センター内にオープンした。

 同センターは、言語聴覚士や理学療法士、臨床心理士などの専門職員を多く配置し、福祉用具の開発やリハビリ医療の研究、調査などに総合的に取り組む。県が昨年8月から、成人病センター西館の1、7、8階と東館1階を改修して、開設した。総事業費は約7億8000万円で、延べ床面積は約3600平方メートル。西館の1階には、車いすなどの訓練などを行う訓練室を設け、7、8階は病棟(40床)になっている。日常生活を想定した訓練ができる「在宅復帰室」も備えている。東館の1階には、外来の受け付けや相談室、診療室がある。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 誰が犠牲になってもおかしくない交通事故、それはつまり、誰が半身不随になってもおかしくないということです。こういった施設(特にメンタル面のケア)があることは救いとなるでしょう。


広告
posted by さじ at 03:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 介護
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック