2006年06月01日

日本人の精子はフィンランド人の2/3しかない

精子の数、日本男性が最下位…日欧共同研究

 日本人男性の精子数は、フィンランドの男性の精子数の約3分の2しかないなど、調査した欧州4か国・地域よりも少ないことが、日欧の国際共同研究でわかり、英専門誌と日本医師会誌5月号に発表した。

 環境ホルモンが生殖能力にどう影響するか調べるのが目的。精巣がんが増えているデンマークの研究者が提唱し、日本から聖マリアンナ医大の岩本晃明教授(泌尿器科)らが参加した。神奈川県内の病院を訪れた、20〜44歳の日本人男性324人(平均年齢32.5歳)の精液を採取した。

 日本人男性は他国の男性よりも禁欲期間が長く、日本人の精子数を100とすると、フィンランドが147、スコットランド128、フランス110、デンマーク104で、日本が最低だった。

 ただ、環境ホルモンの関与が疑われる精巣がんや生殖器の異常の発生率は、日本人男性では非常に低く、研究チームは「精子数の違いは栄養や生活習慣、人種差などが関係しているのではないか」としている。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 フィンランドの2/3しかないとは。フィンランドでも精子形成不全が問題になっていますが、日本は更に深刻ということでしょう。高度経済成長の煽りでしょうか、内分泌撹乱物質の影響をモロに食らっている感じがします。


広告
posted by さじ at 23:58 | Comment(1) | TrackBack(0) | 生殖
この記事へのコメント
ん、こんどはヨガか
ヨガはいいよね、ヨガは。
体硬いといいことないしね。
循環が良くなるんですよ、代謝も。
Posted by さじ at 2006年08月30日 21:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。