2006年05月26日

より子が卵巣腫瘍に。摘出手術は成功

より子卵巣腫瘍ですでに摘出手術

 4月に急性腹症で入院したシンガー・ソングライターのより子(22)が、24日深夜に更新したホームページ(HP)で、卵巣腫瘍だったことを明かした。すでに摘出手術を終え退院、来月の復帰ライブに向けて準備しながら、通院治療を受けている。組織検査で腫瘍は良性と分かり、より子は「結果は、良性でした!! シンガーとしてより子という人として、やっと、腹を切って腹が据わった。そんな感じです」と報告している。

 HPによると、4月末に下腹部に膨満感があったため、病院に行ったところ、卵巣腫瘍と診断され、すぐに肥大化した卵巣を摘出した。卵巣にたまった水が約2500グラムにもなっていたという。当初、卵巣全摘出の予定だったが、一部残して手術し、子供を産める可能性も残った。

 より子は2歳で小児がんを患い、その後克服してデビューした異色シンガー。02年には歌手になるまでの半生が松浦亜弥主演でドラマ化された。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 こちらがオフィシャルページのようです。なにやら壮絶な人生を送っているようですが…シンガーソングライターとして成功しているところに卵巣腫瘍。治って良かったですね。

参考:wikipedia


広告
posted by さじ at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生殖
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。