2006年05月24日

白インゲン豆ダイエット、全国で158人の被害者を生む結果に

白インゲンダイエット 被害158人中、入院30人

 TBS系の健康情報番組で紹介された白インゲン豆ダイエット法を試みた視聴者に下痢や嘔吐などの健康被害が起きた問題で、被害者は全国で計158人に上り、うち30人が入院したことが、厚生労働省の集計で分かった。

 厚労省によると、被害は25道府県で発生。番組では、白インゲン豆を数分間いった後、粉末にしてご飯にまぶす調理法を紹介したが、被害者の多くが、この方法で豆を食べた後、2〜4時間以内に発症したという。

 インゲン豆に含まれるたんぱく質の「レクチン」は、生や加熱不足のまま摂取すると食中毒の原因となるといい、厚労省は「今回は加熱が足りなかったことが原因。十分加熱して食べれば問題はない」としている。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 この記事の続編です。

関連:いんげん豆を使ったダイエット法で嘔吐や下痢が多発

 やはり加熱が足りなかったか…。しかしテレビで紹介されたダイエット法を試みただけで全国で158人もの人が被害にあったのですね。メディアの力は凄いものです。


広告
posted by さじ at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消化
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。