2006年05月20日

大人の成長ホルモン分泌不全の患者への注射治療が認可される

成長ホルモン製剤治療認可 大人の重症分泌不全対象に

 大人で重症の成長ホルモン分泌不全の患者に、成長ホルモン製剤(製品名ヒューマトロープ)を注射する治療が認可された。対象患者は国内に1万人程度いるとみられる。

 成長ホルモンは子どもの身長が伸びるのに欠かせないが、成人して身長の伸びが止まっても、少量の分泌は続く。分泌量が極端に少なくなると、疲れや体力低下、内臓脂肪の増加による肥満、骨量の減少などを引き起こす。

 成長ホルモン分泌不全の患者に、この製剤を毎日注射すると、ホルモンバランスの改善、内臓脂肪の減少などの効果があるという。患者の体重で投与量が決められるが、薬価が高いことから、薬剤の自己負担(3割)は一般に月数万円以上になる。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ようやく承認。よかったです。

 大人になって成長ホルモンがなくなると、生活習慣病になりやすくなるといわれています。成長ホルモンとインスリンに因果関係があるからだと思われますが、ホルモンはバランスによって成り立っていますからねぇ。


広告
posted by さじ at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 内分
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。