2006年05月20日

体内にタオルやガーゼを置き忘れた札幌市立札幌病院

体内に21年間ガーゼ放置 札幌病院で2件の摘出手術

 札幌市立札幌病院(吉田哲憲病院事業管理者)が2005年度に、手術中のミスで患者の体内に置き忘れたタオルとガーゼを摘出するための2件の手術をしていたことが19日、分かった。共同通信が札幌市に同病院の報告書を情報公開請求し、公開された。うち1人は体内にガーゼが21年間放置されていた

 札幌病院によると、05年1月に入院患者の胸に異常が見つかり、同年4月の手術で5ミリ四方の繊維性の異物1枚を摘出した。1984年に同病院で行った手術と同じ場所から見つかったため、ガーゼの一部が体内に残されていたことが分かった。

 05年3月には別の患者の開腹手術で、20センチ四方のタオル2枚を置き忘れた。術後のエックス線撮影で異常を見つけ、体調が安定した同年4月に摘出した。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 またか

関連:医学処 カテーテルを誤って動脈に挿入し死亡 in市立札幌病院


広告
posted by さじ at 00:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。