2006年05月19日

点滴が漏れて血管を圧迫し、壊死してしまった右足を切断

医療過誤:点滴ミスで女性の右足切断 三重・桑名市民病院

 三重県の桑名市民病院は18日、市内の女性患者(81)に投与した点滴が血管外に漏れる医療ミスがあり、血管を圧迫し血液の循環が悪くなったため、女性の右足のひざから下を切断したと発表した。女性に731万円を支払うことで示談が成立している。

 女性は昨年3月、肺炎などの症状で入院した。右足首からアミノ酸などの点滴を投与したが、翌日に点滴漏れで挿入部周辺のはれが見つかった。すぐに針を抜いたが、ひざ下の皮膚が水ぶくれ状態になり、入院3日後には右足の人さし指と中指の先端部分が壊死した。病院側はその半月後、壊死の広がりを食い止めるため、家族の同意を得て脚を切断した。女性はその後、退院している。

 足立幸彦院長は「点滴漏れの原因は分からないが、看護師が十分に観察していれば防ぐことができた。患者や家族、市民にご迷惑をかけた」と謝罪した。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 点滴が漏れて腕がパンパンになった経験のある方もいるんではないでしょうか。この件では点滴が漏れたことより、酷くなるまで点滴漏れを見つけることができなかった管理体制が問題を呼びそうです。漏れるのはある意味仕方のないことだと思いますが、漏れていることを伝えられない患者(意識がない、寝たきりなど)へはもっと注意して看護しなければなりませんね。
広告
posted by さじ at 01:02 | Comment(1) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
酷い話ですね❗家も主人が足を点滴漏れで壊死されて筋肉全て取り除きました。病院はミスを認めたのですが病院の弁護士が入り示談金提示してきたのですがあまりにバカにした金額で提訴しました。今度は病院の顧問弁護士がミスを事故と言い出しました。酷い話です。まだ裁判中ですが悔しくて主人の足を返してくれて気持ちで一杯です。泣き寝入りなんてできません❗ミスを認めたのに事故と言い張る病院の顧問弁護士まさに脅迫じみたやり方です。皆さんも気をつけて下さいね❗
Posted by さくらうさぎ at 2017年05月20日 11:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。