2006年05月12日

未成年の1/4「献血?何それ?」

献血「知らない」4人に1人…献血未経験の若者

 献血経験のない若者の4人に1人は、献血自体を知らなかったことが、厚生労働省の初の「若年層献血意識調査」でわかった。

 若者の献血離れが進む中、同省は「ここまで多いとは思わなかった」と、ショックを隠せない様子だ。

 調査は今年1月〜2月、16歳から29歳までの献血経験者と未経験者各5000人を対象にインターネットで実施。未経験者のうち「献血を知らない」と答えたのは、26・2%に上った

 日本赤十字社が開設している各地の献血ルームのイメージについて、「暗い」と答えた人は、経験者の8・3%に対し、未経験者は20・6%だった。

 献血者は1995年に629万人だったが、昨年は532万人に減少。中でも、16〜29歳の若年層は285万人から177万人に落ち込んでいる。

 こうした現状に、日赤は献血ルームで手相やネイルアートなど若者向けのサービスを展開、厚労省も若者への献血体験の推進などを掲げているが、有効な対策は見つかっていない。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 いや、、、さすがにこれはネタでしょう。いくら日本人が自分のこと以外に興味がないと言っても、献血を知らないはずがありません。インターネット調査ということで、テキトーな結果になっていると思います。

 献血も同様ですが、病院ボランティアなども、日本では極端に少ないですよね。国民性ってヤツでしょうか。

関連:「ご主人様、献血お疲れ様でした。」in秋葉原


広告
posted by さじ at 02:17 | Comment(1) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
五年前と現在では違う、変わった時代的現状背景下に及び、若い子達は素直です。私達は、それに対して充分に可能である、生命の血脈そして社会に生きて活かされている事、そして、そう眠る暇なく各部署での苦闘には敬意的に
Posted by みか at 2011年03月19日 09:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。