2006年05月05日

コンタクト洗浄液による角膜炎、拡大

「マルチプラス」でも角膜炎の疑い=日本でも販売−米ボシュロム

 米コンタクトレンズ大手ボシュ・アンド・ロム(ボシュロム)は3日、同社のレンズ洗浄液「レニュー(ReNu)」の使用で角膜炎に感染する恐れがあるとされる問題で、米食品医薬品局(FDA)の警告を受けて出荷を自主停止している「レニュー・モイスチャーロック」だけでなく、日本でも販売されている「レニュー・マルチプラス」についても感染例が報告されていることを明らかにした。

 ボシュロムは前日夜、米疾病対策センター(CDC)から暫定調査結果を通知された。同社は声明で、FDAとCDCの調査には協力するとしつつも、同製品の出荷を停止する考えのないことを示唆した。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 フザリウム菌によるフザリウム角膜炎の続報です。詳細は下記リンクにて。

 日本では無いとのことでしたが、日本の製品にも可能性はあるということですので、この製品を使用されている方で異常を感じた場合はすぐ眼科へ。医師にこういう商品を使っていたんですが、とも言って下さい。

関連:コンタクト洗浄液に異常?米で角膜炎が相次ぐ
広告
posted by さじ at 10:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 眼科
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック