2010年11月29日

ポリフェノール含有量と1日に摂取する量の目安

ポリフェノールの平均摂取量、理想より3割以上不足

 健康を保つ上で大切な働きをする成分と考えられているポリフェノール。日本人はどのくらいポリフェノールを摂っているのだろうか。

 ネスレ日本とイードの共同調査によると、ポリフェノールを知っているという人は89.6%と、認知度は非常に高いようだ。

 ポリフェノールは緑茶(100ミリリットル当たり116ミリグラム)やコーヒー(同200ミリグラム)、赤ワイン(同230ミリグラム)などに多く含まれる成分で、理想的とされる1日の摂取目安量は1500ミリグラム。しかし、回答者の飲食傾向から1日のポリフェノール摂取量を算出したところ、平均摂取量は1010ミリグラムと、理想の量と比較して490ミリグラム(32.7%)も少なかった。

 「ポリフェノールの摂取頻度はどのくらいが理想的だと思いますか?」と聞くと、「1日1回」(45%)と「1日2回」(40%)がそれぞれ4割ほどを占め、「5〜6時間に1回」(12%)が続いた。

 ポリフェノールを研究しているお茶の水女子大学大学院の近藤和雄教授は「ポリフェノールは水溶性で体に蓄積されないため、1000〜1500ミリグラムの摂取目安量を2〜3時間に1回程度に分けて、こまめな摂取を行うのが理想的」とコメントしている。

 インターネットによる調査で、対象は20〜60代男女461人。調査期間は9月4日から6日。1日の摂取量を算出した調査は近藤和雄教授とネスレ日本が共同で行った研究成果(日本栄養・食糧学会2010年5月発表など)を応用したもので、同じ調査はWebサイト「ネスカフェ ポリフェノール診断」で受けられる。



 摂取目安、なかなか高いですね。コーヒーでいうと4,5杯か。

 
 水分量なども加えると、お茶が一番現実的かも。


広告
posted by さじ at 21:37 | Comment(1) | TrackBack(0) | 内分
この記事へのコメント
予防を日常に意識する医学に適している。コーヒーとビタミンCとヘスペリジン抗酸化栄養素を一緒に、摂取すると風邪を引き難い体質を維持出来る更にフェニルアラニンと言うアミノ酸を摂取に並ぶバランスは発汗に及び体温を上昇いたし、老廃物を排出するイコール食べ過ぎを防御します満腹中枢を満たしてしまう。コーヒーはCacaoポリフェノールとも相性が良い脳内中枢神経に直接的に働きβエンドルフィンを賦活いたし食べ過ぎを抑制出来ます以外に眠気と覚醒を時間的関係、若しくは体内時計に合わせた形で働きますリラクゼーション効果です。私の経験的日常で皆様方に個人差がある事承知の上で紹介いたしました最後に癌細胞に変貌させない、抑制的薬理は少なからずともある事は血管に直接的に働き掛けますのでクロロゲンの抗酸化作用により、ポリフェノールを意識した体内に循環させてしまうのです更に私は、皮膚トラブルが軽症化し体温が少し上昇し多少の冷え症を改善出来ています。緑茶が苦手なので緑茶はこれから柚子を入れて飲んでみます。柚子の香りの緑茶なんて素敵ですね西洋菓子にも和菓子にも食後にも全てに敵している
Posted by みか at 2010年11月30日 23:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。