2006年04月17日

NTTが被保険者向けにジェネリック情報を提供

NTTデータ:「ジェネリック医薬品」の情報提供スタート

 NTTデータは10日から、健康保険組合など医療保険者を対象に、被保険者(患者)の医薬品処方情報を分析し、切り替えが可能な「ジェネリック医薬品」の情報を提供するサービスを始めた。

 「ジェネリック医薬品」は、新薬の特許期間終了後に、新薬と同成分でありながら安価に売り出される医薬品。NTTデータのサービスでは、被保険者に現在処方されている薬のなかで、切り替え可能な医薬品を調べ、切り替えた場合の薬品名や価格をまとめた「通知書」を作成する。


広告
posted by さじ at 01:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 薬理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。