2006年04月11日

いたずら電話かと思ったら本当に心臓発作だった

5歳の男の子の緊急電話を無視 「母親急病」をいたずらと勘違い

 米ミシガン州デトロイト市でことし2月、5歳の男の子が、アパートの台所で倒れて意識を失っている母親を発見。「911」に緊急電話をかけたが、応対に出たオペレーターがいたずらと思い込み相手にしていなかったことがわかった。母親は結局死亡したが、デトロイト警察はオペレーターの対応などについて問題がなかったかどうかなど全面的な調査を行うことを約束した。

 
 米デトロイト・フリー・プレスなどによると、当時5歳だったロバートちゃん(6歳)は、当日2回にわたって「911」に電話をした。交信記録によると、1回目は午後6時。母親のシェリル・ターナーさん(46)が台所に倒れ、呼吸をしていないのを知り、「911」に電話し、救急車の出動を要請した。日ごろから、母親から何かあったら、「911」に電話をするよう言われていたという。

 応対に出た女性オペレーターは、ロバートちゃんの電話をいたずらと思い、大人を電話口に出すように要求した。ロバートちゃんの話によると、出せないと答えると、オペレーターは、警察をそちらに送ると警告して電話を切ったという。しかし、警察は来なかった。

 ロバートちゃんが2回目の電話をしたのは、それから3時間後の午後9時。女性オペレーターは、「電話で遊んではいけない。私が今から警察をそちらに派遣する。ドアがノックされて、あなたがトラブルに巻き込まれる前に、母親を電話口に今すぐ出しなさい」と話している。

 交信記録には、この言葉に驚いたロバートちゃんが「ワッー」という言葉を漏らして電話を切っている様子が残っている。

 2回目の電話の後、警察がアパートを訪問しているが、ロバートちゃんのいたずら電話の捜査が目的だったとみられている。

 母親は結局死亡したが、救急車の出動の遅れが死亡につながったどうかはわかっていない。以前から、心臓肥大の病気を抱えていたという。このニュースは、地元のテレビ局が4月初めに始めて報道した。

 オペレーター関係者によると、「911」にかかってくる電話は年間200万件に達し、そのうち4割が緊急な内容ではないという。この中には子どものいたずら電話も多く含まれている。

 ロバートちゃんの年長の姉、アニトラ・ターナーさんは「今後、子どもから電話がかかってきたら、質問することなく対応してほしい」と語っている。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 1回目のときに呼んだ警察はただの脅しだったのか…。

 いたずら電話をした人たちの罪が積もりに積もってついに爆発したという感じです。1人の人間を死なせてしまうこともあるんだから犯罪はやめましょう。「こういうことがまた起こるかもしれない」と考えてみて下さい。

 しかし、4割が緊急な内容ではないなんて、まるで日本の救急車事情のようですね。もっと救命救急師を大事にしないといけないです。


広告
posted by さじ at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 循環
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。