2010年08月29日

毛髪の細胞から体内時計を測定する新検査法を開発する

毛髪で体内時計測定 山口大など世界初

 山口大と佐賀大、ソニー(東京)の研究グループは23日、頭髪やひげの根元に付着する細胞からヒトの体内時計を測定する簡便な手法を世界で初めて開発したと発表した。体内時計の乱れは、うつ、糖尿病、睡眠障害など広範な疾病との因果関係が指摘される。同グループは「臨床導入が期待でき、さまざまな医療研究に貢献できる」としている。

 研究は、リーダーの山口大時間学研究所の明石真教授(36)、佐賀大医学部循環器内科の野出孝一教授(49)、ソニー先端マテリアル研究所ライフサイエンス研究部員たち、計8人が中心メンバー。

 明石教授によると、ヒトの体内時計の測定報告は十数例しかなく、2001年に米国とカナダの共同研究グループが口内粘膜から採取した細胞で、03年には米国とカナダの別グループが血液の細胞で、それぞれ測定するなどしている。しかし、いずれも身体への負担が大きく、生きた細胞が採取しにくいことから測定法の確立に至っていなかった。

 山口大などの手法は、毛包細胞を溶かし、タンパク質合成にかかわる「メッセンジャーRNA(mRNA)」を精製、測定して時計遺伝子の活動(体内時計の状態)を把握する。

 身体負担が比較的小さく、明石教授は「高い精度で測定でき、臨床導入の基盤が確立できた。生活リズムに合わせた治療、抗がん剤投与などで副作用が最も少なく効果の大きい時間治療の研究のほか、労働環境改善など広範囲に貢献できる」としている。

 交代制勤務労働者の疾病リスクを研究する産業医科大医学部(北九州市)の久保達彦講師=公衆衛生学=は「生活リズムの乱れが疾病にどう関係するのか遺伝子レベルの解析が可能になり、病因の解明にも大きな進歩」と期待を寄せる。



 確かにサーカディアンリズムの「測定」の仕方はなかなかないかもしれません。

 毛の細胞から判明できるならば、それは容易い。


広告
posted by さじ at 03:19 | Comment(1) | TrackBack(0) | 皮膚
この記事へのコメント
毛髪メラニン色素細胞と、タンパク質合成メッセンジャーは絶えず生体内のストレスに対抗するコルチゾール副腎皮質から分泌されるホルモンに反応並びに左右される事に及び、髪質に先ず影響を及ぼし変化いたす所に、体内時計を毛髪測定により計る事により、多くの病のヒト体内時計に合わせた日常生活に及び予防医学を継承に、普及を明確に解りやすく可能にいたす事は病を防ぐ若しくは早期治癒につなぎ止める事の証を遺す。法医学の検証に指紋と同じ役割を果たす重要な紋理である事と同時に伝達を
Posted by みか at 2010年10月13日 00:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。