2010年08月29日

琉球大医学研究科の教授、論文不正で懲戒解雇

論文不正で教授を懲戒解雇 琉大

 琉球大学医学研究科の男性教授=40代=が2編の論文で実験結果を不適正に引用していたことが明らかになった問題で、同大の平啓介・研究担当理事らは25日、学内で記者会見し、同教授を24日付で懲戒解雇処分にしたと発表した。

 複数の論文間で、実施していない実験結果を実施したかのように装い、データを使い回したり、一度学術誌に発表したデータを出典を明示せずに転用したりしていた。不正は同教授が同大に赴任した過去8年分の論文50編のうち、38編に上った



 不正しすぎ。


広告
posted by さじ at 03:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | 大学
この記事へのコメント
事実関係が明らかに判明された事により信頼の回復は恥に屈しないで、良識有る大人の対応を毅然と致し、大学に熱心に研究及び臨床治療されている医師達の未来を育む体制を強化致し、世界に影響力示し合わせ新しい医学生と、これからの医療を臨床を研究を育み合い強い大学体制を形成する事が最優先課題に及ぶ、これからにチャンスとして前向きに進行する事です。はなはだしい不正は事実にせよ批判する事は意図も簡単です。私はそれを抑制して申し上げますと真実に屈しないで強い医学部を建設する事最優先、そして二度同じ過ちはNo断ち切ると毅然と胸を張ってスタートです。これは私達の思考に及び完全に防ぎ切れます
Posted by みか at 2010年09月25日 00:33
琉球大学大学院医学研究科の森直樹教授(旧在籍大学:長崎大学熱帯医学研究所)
らによる論文捏造・研究不正の追及
Posted by 琉球大学+長崎大学による論文捏造 at 2011年04月28日 16:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。