2010年08月21日

網膜色素変性症の患者の皮膚から視細胞を培養することに成功

目の難病解明に期待 世界初、患者皮膚から視細胞 

 理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市中央区)の網膜再生医療研究チームは、中途失明の三大原因の一つとされる遺伝性、進行性の難病「網膜色素変性症」の患者の皮膚から、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作り、視細胞に分化させることに世界で初めて成功した。視細胞の分析から、同症の原因遺伝子の働きが解明できる可能性があり、根本的な治療法につながることが期待される。

 同症は、光を受け取る網膜上の視細胞が機能を失い、視野が徐々に狭くなっていく病気。厚生労働省が特定疾患に指定し、全国で約2万5千人が治療を受けている。

 眼科医でもある高橋政代チームリーダーによると、同症は100種類以上の遺伝子との関係が指摘され、患者によって原因遺伝子が異なる場合がある。だが失明の恐れがあるため、患者の目から視細胞を採取して調べることができない。また採血による遺伝子診断では、2割程度の患者の原因遺伝子しか特定できず、その働きは十分に解明されていないという。

 そうした中、研究チームは一昨年、ヒトiPS細胞からの視細胞を作製。この技術を応用し、先端医療センター病院(同市中央区)の患者の皮膚を基に、このほど視細胞を作ることに成功した。これまでに同意を得た7人分を作り、原因遺伝子の分析を進めている。

 高橋チームリーダーは「視細胞から原因遺伝子の働きが解明できれば、それぞれの患者に合った効果的な投薬などを実現させたい」としている。



 視細胞の異常であれば、幹細胞を使って培養した視細胞での研究によって少しずつ治療法も解明されていくかもしれません。

 目という部位は日常生活に大きく関わってきますからね。とても有意義な研究ではないかと。

関連
医学処:iPS細胞を用いた網膜再生にはまだまだ時間が必要です。
医学処:動体視力に関係するタンパク質「ピカチュリン」
医学処:藻の遺伝子を用いて失明したラットの視力を回復する。


広告
posted by さじ at 23:16 | Comment(1) | TrackBack(0) | 眼科
この記事へのコメント
(社)日本眼科学会のサイトを検索して病の事を目を通して欲しい情報の公開は患者さんを最悪の危機から守る為に在りますテレビのCMも流れてます!皮膚は語らない内的言葉であり目を持って居ます研究者を信じております私は
Posted by みか at 2010年08月25日 23:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。