2010年08月20日

磁化水でIGF-1が上昇することが判明する

磁化水飲むと学習能力UP 健康効果も、各地「わき水」にも可能性

 名古屋市立大の岡嶋研二教授と原田直明准教授らのグループは、磁場の中を流れた水「磁化水」に、健康維持や学習能力向上効果があることを、マウスを使った研究で確認した。東北大で9月に開かれる日本生物物理学会で発表する。

 岡嶋教授によると、グループは磁化水を1カ月間与えたマウスと、通常の水を飲ませたマウス5匹ずつを分析。磁化水を飲んだマウス全身の臓器で、細胞の増殖を促進させるインスリンに似たタンパク質「IGF−1」が、通常の水を飲ませたマウスに比べて約2倍に増えていた

 さらに、学習能力に関係する脳の「海馬」でもIGF−1が約2倍に増え、脳内にある神経細胞の再生が促されていた。グループでは、磁化水が胃を刺激して脳幹に伝わり、IGF−1を作りだしたと推測している

 岡嶋教授らは以前から、IGF−1が体にもたらす効果の研究を続けてきた。磁化水はこれまで経験的に健康に良いとされてきたが、一方で効果を疑問視する声もあった。各地で「名水」と呼ばれるわき水が、磁化水である可能性も高いという。同教授は「体内を活性化させる効果があり、研究が進めば、生活習慣病やうつ病などの改善につながるかもしれない」と話している。



 本当ですかね

 どうも「水モノ」は胡散臭い。実際に研究でIGF-Tが増えていたのなら効果があるのかもしれませんけれども。伝説の嘘商法「酸素水」みたいなまがいものが多かったですからね…。あれと違う点は、ちゃんとしたデータででているところか。

 こうなってくると実際に人間でのデータがほしいところ。名古屋市立大の教授に期待です。


広告
posted by さじ at 15:25 | Comment(3) | TrackBack(0) | 生理
この記事へのコメント
今の段階で、「岡嶋教授のお墨付き」みたいな触れ込みで、得体の知れない水を高い値段で売る業者が現れないと良いですが。

きちんとした学術論文を出してくれるのかどうか、楽しみですね。
Posted by リィ at 2010年08月21日 12:55
ああー、ありそうー。あの教授も絶賛、とか。広告で出さなくても、口コミみたいな感じで「あの教授が言ってたから間違いない」とか
Posted by さじ at 2010年08月21日 23:09
<論文捏造>名市大准教授、懲戒解雇 老化研究で画像改ざん
毎日新聞 3月20日(火)2時2分配信
 名古屋市立大は19日、老化防止研究などの論文に改ざんや捏造(ねつぞう)があったとして大学院医学研究科の原田直明准教授(44)を懲戒解雇、監督責任者として岡嶋研二教授(58)を停職6カ月の処分にした。名市大の調査専門委員会によると原田准教授は熊本大研究生時代(05年)の1本を含む計8本の論文で過去の実験画像を新しいものとして使ったり、画像に手に加えたという。原田准教授は「論文作成中に、仮に作成したものを誤って使ってしまった」と説明しているが、調査委は信用できないと判断した。

監督の教授停職 岡嶋教授が責任著者を務めた論文19本で画像に手が加えられたり、他の実験画像の流用が判明した。調査委議長の今川正良副学長は「岡嶋教授の不正関与を裏付ける証拠はなかったが、本人が不正に気づいていなかったとは考えられない」と述べた。

 処分された2人は育毛や老化防止、認知症予防に役立つ物質を研究。学外から指摘があり、昨年3月から調査委が調べていた。戸苅創(とがり・はじめ)学長は「研究機関としてあるまじきことで大変遺憾。早急に再発防止に努めたい」とのコメントを発表した。【河出伸】
Posted by とおりすがり at 2012年03月20日 09:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。