2010年08月07日

男性でも遺伝子変異の乳がんを発症する。

遺伝子変異で男性も乳がん発症

 遺伝子変異が原因の乳がんは女性だけではなく男性でも発症の可能性がある。英マンチェスター・アカデミック・ヘルス・サイエンス・センターのギャレス・エバンス氏率いる研究グループが医学誌「ジャーナル・オブ・メディカル・ジェネティクス」に発表した調査結果によると、男性の変異遺伝子キャリア12人に1人の割合で80歳までに腫瘍ができることが明らかになった。今回の調査はBRCA2遺伝子に異常を持つ321家族を追跡して、変異した遺伝子を有する男性のリスクを調査したもの。その結果、7.1%の男性が70歳までに、9%が80歳までに発症した。

 乳がん遺伝子に変異性がある女性の場合、60%が悪性腫瘍を発症するが、男性におけるリスクはあまり認知されていない。今回の調査はBRCA2遺伝子に異常を持つ家族の調査としては過去最大のもの。「今回の調査結果が示したリスクは、BRCA2遺伝子に異常を持つ男性の乳がんについて注意を喚起し、初期状態での発見の重要性を強調するものだ」と報告書は述べている。

 女性が罹患する悪性腫瘍の中で最も多いのは乳がんで、12%が発症している。米がん協会によると、昨年米国で乳がんと診断された患者の数は女性が20万人、男性が2000人弱。このうち女性約4万人の女性、男性390人が死亡している



 もともと全乳がん患者の1%は男性、といわれていました。まぁそりゃ男性にもおっぱいはあるわけですから、当然といえば当然なんですけども。

 で、その乳がん、男性でも変異遺伝子が絡んでいる、と。女性より割合としては少ないものの、1割近くの割合で発症するというのは結構見過ごせないと思います。


広告
posted by さじ at 14:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | がん
この記事へのコメント
変異遺伝子ってタンパク質が原因?人々と未来に貢献する新薬の開発!永世中立にホルマリン浸けは私が覚悟決めた事だ!逃げも隠れもしない最後に貴方は素晴らしいるんるんこの感動忘れられなきクランベリー入りチョコレートを片手に涙の汗
Posted by みか at 2010年08月14日 23:19
分子遺伝学的検査によってしか判明されない!細胞遺伝学的検査より高い感度に至る臨床サービス及び研究ベースで提供されている事に還元されて行く成果のスケールは大きいです
Posted by みか at 2010年09月13日 20:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。