2010年05月05日

交換が容易になった新型頚動脈ステントを発売

J&J、頸動脈ステントに新型 手術中も交換容易

 ジョンソン・エンド・ジョンソン(東京・千代田)は27日、頸動脈用ステントの新製品を発売すると発表した。

 「頸動脈ステント留置術」と呼ぶ、頸動脈狭さく症の血管内治療法で使う機器で、狭くなった首の血管にステントを留置し、血液を流れやすくする。従来製品に比べ、手術中のステント交換が容易にできるという。

 血管壁を押し広げる頸動脈用ステント「プリサイス プロRX」と、血栓などが脳に流入するのを防ぐ機器「アンジオガードRX」の2種類。両製品は組み合わせて使う。



 頚動脈にコレステロールなどが溜まると、血管内を流れる血流が悪くなります。それによって脳への血流が減ってしまったりするのが怖いところです。

 最近では頚動脈にステントを入れることで、血管を広げてやることができるようになりました。今回の商品は、その改良型。

関連
医学処:動脈瘤の拡大因子を抑制する「おとり拡散」で破裂予防
医学処:時間が経つと体内で吸収されるステント、新発売。
医学処:静岡県に経皮的頸動脈ステント留置術の指導医が誕生する


広告
posted by さじ at 02:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生殖
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。