2010年05月05日

失恋が景気でうつ病を発症?回復の手助けに失恋回復手帳を

香山リカのココロの万華鏡:気軽に専門家に相談を /東京

 うつ病は、思いあたる原因やストレスがなくても起きる場合がある。とはいえ、それなりの原因やきっかけがある場合も少なくない。

 失恋や離婚、病気、災害、リストラ、人間関係の葛藤、借金に高額ローン。人生には、うつ病の引き金になるさまざまなアクシデントやトラブルがごろごろ転がっている。

 ただ、その中には、専門家の力を借りれば意外に簡単にすんなり解決可能、というものも少なくない。サラ金からの多重債務の場合は弁護士や司法書士、悪徳商法まがいのセールに引っかかって高額商品を買ってしまった場合は消費生活センター、配偶者や恋人の暴力に対しては女性センターと、それぞれの問題に応じた専門家が、困っている人たちからの相談を待っている。

 私も、「これは医療だけの問題ではないな」というときは、積極的に行政サービスや窓口、NPO法人などを紹介することにしている。多重債務、離婚問題、近隣トラブルなど法律が絡んでくる場合は、「法テラス」を紹介して患者さんたちから「助かりました」と感謝されることも多い、という話は、以前にも書いたことがある。

 ところが、そういった専門家を紹介しようとすると、必ずといってよいほどぶち当たる壁がある。それは、「悪いのは私なのに、専門家の先生に相談に行ったら怒られるのではないか」という当事者の不安、おびえだ。とくにまじめな人ほど、誰から責められているわけでもないのに、「夫を暴力的な人間にしてしまった私にも非がある」「会社をリストラされて借金を作ったのは私の自己責任」と言い、「とても相談になんて行けない」としり込みする。

 困った人を助けるための専門家は、決して当事者を叱ったり責めたりするためにいるのではない。あくまで、いま目の前にある問題を解決に導き、より良い未来を築くためにいるのだ。過去は過去、「どうして借金なんかこしらえちゃったんですか」とその時点に戻って非難される、などということは、よほどでない限りないはず。

 幸い、いまはいろいろなセンターやNPO法人があり、「こんなことにまで」と驚くほど細かい問題に対する専門家もいる。「私が悪いんだから、人に頼るのは恥ずかしい」と思わずに、もっと専門家を利用してほしい、と思う。もちろん、精神科医もその専門家のひとりだ。「私の心の問題なのだから、自分でなんとかしなきゃ」などとためらわずに、気軽に「困ってるんですよ、なんとかしてくださいよ」と相談に来てほしい、と思う。



失恋してもOK? ユニークな「失恋回復手帳」

 花粉対策グッズ、冷え性対策グッズなど、世の中にあふれる○○対策グッズ。しかし、これはちょっとレア。なんと、“失恋対策グッズ”なのだ。京都市のフリーペーパー制作会社SCRAPが提案する、この「失恋回復手帳」、去年のクリスマスイブに行ったイベントで売り出されるやいなや即完売。その後始めた通販でも全国から問い合わせが寄せられ、宣伝活動をまったくしていないにもかかわらず、すでに400冊以上を売り上げているという。

 失恋回復手帳では、事前に行われたアンケート調査から、人が失恋から立ち直るのに必要な期間を3カ月と設定。この期間で失恋の痛手を乗り越えられるように、予定や日記が書き込める通常のスケジュールスペースに加えて、失恋回復のためのさまざまなコンテンツが盛り込まれている。例えば、「月がきれいだから50」、「企画が通ったから90」など、毎日の自分の“元気度”を数値化し、回復の経過を客観的に見られる棒グラフや円グラフもその一つ。また、失恋して感受性が高まっているときにこそ心に響く映画や本、音楽を紹介するなど、一人でいる時間の過ごし方を提案して、「失恋を楽しむ」という発想を持ち込んでいるのも、この手帳の特徴と言えるだろう。

 この手帳は、同社でオリジナルの防犯関連グッズを企画していたのがきっかけになって、発案された。編集部の若手スタッフの、「若者にとって一番の災害といえば、失恋だ」という一言が、この“失恋対策グッズ”を生み出したのだ。注文が増加する一方の現在でも、手帳はすべてスタッフによる手作りであるという。作り手のあたたかい気持ちと発想のユニークさによって生まれた失恋回復手帳は、今後も多くの人の傷心をいやしてくれるに違いない。



 よく失恋すると鬱になる人がいます。心の痛みなのですから、鬱状態なのですが、それはあくまで鬱状態であって、鬱病ではありません。もちろん、そのストレスから鬱病を発症してしまう人もいます。鬱病のリスクであって、鬱病なのか、鬱状態なのか、鑑別する必要があるわけです。

 香山リカさんが凄いなと思う点は、鬱病の治療が必要ないと判断した場合は、法律の専門家などを紹介しているところ。精神科専門医といってもなかなかそれだけできる人はいません。かなり尊敬に値します。

 そして失恋手帳。要するに自己回復能力といいますか、失恋の記憶や感情をポジティブシンキングで少しずつ和らげていこうというもの。こういう手帳があると「客観的に」解消される面が、評価されているんだと思います。手帳を見直すだけで、明るい気持ちになれますからね。



 実は私も昨日失恋しました。

 初めて、自分からすごく好きになりました。でも向こうはそうではなかったみたいで。もともとあった背景とか、関係とかが、大きく影響してしまったかなと。大事にしようという想いが強すぎて、結局「いい人」から抜け出せなかったみたいです。

 以前このブログで取り上げた「男と女の、失恋したときの立ち直り方の違い」にも書きましたように、私の場合はとりあえず「寝ること」。寝て、何とかしようとしています。

 難しいもので、フラれたからといって相手を悪く思うとか、そういうことができないんですよね。幸せになってくれればいい、と今でもそう思いますし、でもその相手は自分であってほしいとも思うし他の人以上に想うことができるのも自分だと思うし、でもそれは叶わぬことであることも知っているわけですし。

 恋愛は難しい。もともと恋愛に疎かった自分としては、ここまで人を愛する気持ちを知れて、良かったと思います。

 こんな場で吐き出してすみません。本来なら書くべきではないのかもしれませんけれど、失恋手帳みたいなものかなと思って書きました。明日から、「働かなきゃいけない」状態になるのが怖い。今の仕事がすごく楽しかったのも、彼女の存在のおかげ、という面もありました。もちろん誇りをもってやってきたわけですけれど、失ったものが大きすぎて、自分の中でコントロールするのには時間がかかりそうです。


広告
posted by さじ at 01:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 精神
この記事へのコメント
詳しい事情がわからないので的外れになってしまうかもしれないですけれど、そこまで人を愛せたあなたは素敵だと思うなー。
相手にもね、そういう気持ちは伝わるものですよ。
私も、自分を大切に思ってくれた人のことを、10何年たったいまでも思い出します。

たっぷり眠って、すっきりしてくださいね。
Posted by じゃんじゃんこ at 2010年05月06日 09:39
失恋して、ここに、たどり着きました
相手が目の前のデスクにいるので
どーしても終わりに出来なくて

だんだん危ない状態になりつつあります。
逃げ出したい。
Posted by ヨウコ at 2010年08月17日 20:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。