2010年03月31日

第104回医師国家試験 学校別ランキング 新卒編

 さあ、とうとうやってまいりました。


 第104回医師国家試験大学別ランキング!!


 一年間の結晶。特にこの新卒編は、6年間医学部で学び、卒業を勝ち取り、初めて医師国家試験を受ける方のみを対象にしたランキングです。

 要するに、国試浪人を含まない、「今現在の大学の教育システムや学生の質を反映したランキング」となっています。

 医学生の努力の塊を、大学別に表してみましょう。いつものように、新卒編ではBEST13をご紹介。



第100回医師国家試験 学校別ランキング 新卒編
第100回医師国家試験 学校別ランキング 総計編
第101回医師国家試験 学校別ランキング 新卒編
第101回医師国家試験 学校別ランキング 総計編
第102回医師国家試験 学校別ランキング 新卒編
第102回医師国家試験 学校別ランキング 総計編
第103回医師国家試験 学校別ランキング 新卒編
第103回医師国家試験 学校別ランキング 総計編



 なお、表は、出願者数・受験者数・合格者数・合格率の順となっています。

 ちなみに帝京大学以外は、「出願者数-受験者数=留年者」と考えてもらってよろしいと思います。なおこのランキングは、合格率が同じだった場合、受験者との割合や留年者の数を考慮しております。



 それではさっそくBEST13の発表です!



第1位!!


滋賀医科大学 102 102 102 100.0%

名古屋市立大学医学部 76 76 76 100.0%

 圧倒的学力。

 滋賀医大も名古屋市立大も、留年ゼロで全員合格の快挙。

 しかも滋賀医大は第101回医師国家試験でも100%を達成し、昨年も100%合格。

 教育の質、学生のモチベーション、病院実習の徹底など、どれをとっても最良の医学教育を行っていると思います。素晴らしい快挙です。名古屋市立は昨年も上位でしたが、堂々の100%合格。この二校、特に滋賀医大は、全医学部が参考にすべきモデルケースなのでは、という気もします。本当に、おめでとうございます!!

 

第3位
 奈良県立医科大学  97  97  96  99.0% 

 全員出願させ、1人不合格ながらも99%を達成した奈良県立医大。昨年も99%だったんですよね。第1位でもいえることですが、市立、県立は安定していますね。おめでとうございます!



第4位
 順天堂大学医学部  92  92  91  98.9% 

 私立のなかでも、その革新的な経営方法や研究内容、研修制度の充実などから「新御三家」に数えられる、順天堂大学です。徐々に国試ランキングも上昇しています。あと狙うべきは100%合格か。おめでとうございます!



第5位
 佐賀大学医学部  88  86  85  98.8% 

 もうSAGA佐賀とは言わせない!昨年度70位の下位だった佐賀大医学部ですが、ここにきて大躍進。地方国公立の意地をみせました。2人留年したものの、1人不合格はお見事。おめでとうございます!



第6位
 東京医科歯科大学医学部  79  76  75  98.7% 

 立地条件でいえばトップに位置するといわれる、東京医科歯科大です。毎年優秀ですが、今年は見事にBEST13入り。最高の環境で最高の教育を受けてきた賜物か。おめでとうございます!



第7位
 香川大学医学部  104  103  101  98.1% 

 やはり地方国公立は安定していますねぇ。1人留年の2人不合格でしたが、それでも98%は堂々の数字。今回の悪問だらけの試験内容からすればよくやったといったところでしょう。母体人数も多いですしね。BEST13入り、おめでとうございます!



第8位
 三重大学医学部  100  98  96  98.0% 

 前回は平均より少し上でした、三重大学ですが、第7位とほとんど変わらぬ成績をおさめています。このままこの好成績をキープできれば、下級生としてもモチベーションが高まることでしょう。頑張っていただきたい。おめでとうございます!



第9位
 日本医科大学  103  92  90  97.8% 

 前回63位の日医が大躍進です。私立大らしくゴッソリと留年させたものの、2人不合格で好成績。今回留年した11人という貯金をどうするかは今後の課題ですが、どうしようもない学生を無理やり卒業させて、社会に放り出すのも無責任な大学になってしまいますからね。良い判断だったかと。おめでとうございます!次に繋げてほしい!



第10位
 自治医科大学  109  105  102  97.1% 

 こと自治医大と防衛医大に関しては、BEST13入りなんぞ嬉しくもなんともないでしょう。この2校は、100%以外は狙っていません。ですが今回はどうしたことか、100%の常連が2校とも下がってしまいました。やはりあの必修問題にやられたのか、禁忌でも踏んだのか…。3人不合格と、自治医大にとっては大変不名誉な結果になったと思います。改善できるところを改善していただきたい。地域医療を担う大学ですから。



第11位
 秋田大学医学部  100  100  97  97.0% 

 全員で卒業し3人が不合格という結果になった、秋田大学医学部です。秋田大学というと「医学生」という小説で、暗い印象が目立ちますが、もうそんなことはありません。優秀な大学です。BEST13入り、おめでとうございます!



第12位
 兵庫医科大学  109  95  92  96.8% 

 前回は100%合格だったのですが、3人不合格で第12位。それでもBEST13入りは大変喜ばしいことです。ただ、109人出願して95人受験したという事実が気になりますが…。これが来年に影響しなければいいんですが。なにはともあれ、おめでとうございます!



第13位
 宮崎大学医学部  92  92  89  96.7% 

 前回は平均以下でしたが、今回はBEST13入り。地方国公立はホント今回頑張ったと思います。こういった事実が積み重なって、大学受験時の偏差値も上がれば、良い教育を優秀な生徒が受けられるという良い循環に繋がるのですが。夢は広がりますね。おめでとうございます!



 BEST13に入るかどうかは、「3人不合格」がポイントでした。

 以下、ランキング順です。

14 日本大学医学部  118  116  112  96.6% 
15 福島県立医科大学  79  79  76  96.2% 
15 大阪市立大学医学部  79  79  76  96.2% 
17 岐阜大学医学部 78 78 75 96.2%
18 北海道大学医学部  99  99  95  96.0% 
19 徳島大学医学部  98  98  94  95.9% 
20 群馬大学医学部  98  95  91  95.8% 
21 関西医科大学 95 93 89 95.7%
22 聖マリアンナ医科大学  95  92  88  95.7% 
23 大分大学医学部  93  91  87  95.6% 
24 筑波大学医学専門学群  94  90  86  95.6% 
25 慶應義塾大学医学部  105  105  100  95.2% 
26 福井大学医学部 107 103 98 95.1%
27 京都大学医学部  103  102  97  95.1% 
28 東京医科大学  109  100  95  95.0% 
29 横浜市立大学医学部  60  59  56  94.9% 
30 弘前大学医学部  97  97  92  94.8% 
31 昭和大学医学部  112  112  106  94.6% 
32 産業医科大学 93 91 86 94.5%
33 山口大学医学部  94  91  86  94.5% 
34 名古屋大学医学部  109  107  101  94.4% 
35 東北大学医学部  106  106  100  94.3% 
36 浜松医科大学  102  102  96  94.1% 
37 札幌医科大学  97  97  91  93.8% 
38 防衛医科大学校  63  63  59  93.7% 
39 神戸大学医学部  109  108  101  93.5% 
40 岡山大学医学部  94  93  87  93.5% 
41 埼玉医科大学  128  106  99  93.4% 
42 大阪大学医学部  107  105  98  93.3% 
43 広島大学医学部 103 103 96 93.2%
43 東京大学医学部 103 103 96 93.2%
45 東京慈恵会医科大学  104  103  96  93.2% 
46 東邦大学医学部  102  102  95  93.1% 
47 島根大学医学部  86  86  80  93.0% 
48 新潟大学医学部 102 99 92 92.9%
49 富山大学医学部 102 98 91 92.9%
49 鹿児島大学医学部  102  98  91  92.9% 
51 信州大学医学部  85  85  79  92.9% 



---全国新卒合格者平均92.8%の壁---
 総 合 計  7912  7701  7147  92.8% 



52 長崎大学医学部  107  107  99  92.5% 
53 九州大学医学部  107  106  98  92.5% 
54 京都府立医科大学  92  91  84  92.3% 
55 山形大学医学部  102  102  94  92.2% 
56 千葉大学医学部  101  101  93  92.1% 
57 金沢大学医学部  99  99  91  91.9% 
58 久留米大学医学部  101  98  90  91.8% 
59 東海大学医学部  112  108  99  91.7% 
60 東京女子医科大学  105  105  96  91.4% 
61 琉球大学医学部  94  93  85  91.4% 
62 高知大学医学部  91  90  82  91.1% 
63 藤田保健衛生大学医学部 113 109 99 90.8%
64 熊本大学医学部  88  87  79  90.8% 
65 山梨大学医学部  111  108  98  90.7% 
66 愛媛大学医学部  97  96  87  90.6% 
67 大阪医科大学  99  99  89  89.9% 
68 獨協医科大学  113  108  97  89.8% 
69 鳥取大学医学部  75  75  67  89.3% 
70 旭川医科大学  97  96  85  88.5% 
71 川崎医科大学  119  102  90  88.2% 
72 杏林大学医学部  92  90  79  87.8% 
73 和歌山県立医科大学  56  56  49  87.5% 
74 北里大学医学部  115  109  93  85.3% 
75 近畿大学医学部  103  98  83  84.7% 
76 愛知医科大学  116  102  85  83.3% 
77 岩手医科大学  80  78  65  83.3% 
78 帝京大学医学部  111  111  92  82.9% 
79 金沢医科大学  115  95  77  81.1% 



 そして全大学の新卒、つまり6年生から初の国家試験を受けた大学の中で最も合格率が悪かったのは・・・


第80位

 福岡大学医学部  107  101  81  80.2%

 第100回医師国家試験の悪夢、再び。20人もの不合格を出してしまいました。下から1割未満が落とされる試験なのに、合格率8割ジャストというのは問題がありますね。「どこが悪いのか」を見直さないと、立ち直れません。来年に生かして頑張ってもらいたいと思います。



 ただ、ですね。冒頭で、帝京大学以外は、と書きました。実は帝京大学は、昨年もそうだったのですが、他の大学と違って、出願者−受験者=留年者etc、というわけではありません。おそらく出願する前に留年者を切っているために、留年者数が考慮されていないのでは、とも。

 帝京大学は今年、28人もの留年者を出したようです。また第79位の金沢医大も、表をみてお分かりいただけるように、20人の留年者。最下位の福岡大学は留年6人。果たしてどの大学が最下位なのか、というと、合格率だけではかることはできません。

 もちろん、「どうしようもない学生だから留年させた」わけで、それはいいと思います。外にほっぽりだすより自大学で何とかしようとするのは構いません。

 ですが、留年も出した上に不合格者がべらぼうに多いと、もはや教育だけでなく生徒の質やモチベーションも問われます。来年度、浮上するためにも、大掛かりな改革が必要です。



 今年に関していえば、学生や大学がどうのというより、国家試験の作成する先生や厚生労働省側に問題があると思います。今回の試験で必修問題の点が足りず、不合格になった方は、不運としかいいようがありません。ですが、ちゃんと対策していけば9割は取れる試験問題だったように思います。来年に向けて、より柔軟に考える思考や、疾患に対する理解を積んでみて下さい。

 来年はじめて第105回医師国家試験を受けられる方。過去問よりも病気に対する理解、考える力を重点的に養いましょう。禁忌も軽視せず、全体的にバランス良く勉強する姿勢さえあれば、必ず合格するはずです。どんな問題だろうと、下一割に入らないことが合格の秘訣。頑張って下さい。
広告
posted by さじ at 01:10 | Comment(22) | TrackBack(0) | 大学
この記事へのコメント
>>今年に関していえば、学生や大学がどうのというより、国家試験の作成する先生や厚生労働省側に問題があると思います。今回の試験で必修問題の点が足りず、不合格になった方は、不運としかいいようがありません。ですが、ちゃんと対策していけば9割は取れる試験問題だったように思います。来年に向けて、より柔軟に考える思考や、疾患に対する理解を積んでみて下さい。

おっしゃる通り一般臨床が8割越えながら必修落ちした友人がいます。

>>来年はじめて第105回医師国家試験を受けられる方。過去問よりも病気に対する理解、考える力を重点的に養いましょう。禁忌も軽視せず、全体的にバランス良く勉強する姿勢さえあれば、必ず合格するはずです。どんな問題だろうと、下一割に入らないことが合格の秘訣。頑張って下さい

さすがの分析です。
明らかに注意力を試すような禁忌がちりばめられていました。選択肢を選んだ後に、もう一回これが禁忌でないかという視点で見直しをしないと見落としやすいと思いました。
また、臨床に関しては細かい知識というより大まかなスキームや治療方針さえわかればなんとなく解ける問題や、一般は明らかに知らない用語などに対して既知の知識をベースに類推させる問題がかなりありました。

今までの過去問だけでも通用しないことはないですが、センスや運がないとかなり厳しい戦いになると思います。
また必修に関しては、患者の主訴や今何が患者にとって最も大事か?という視点があれば、2択まで絞った後に正解を選びやすかったようにも思います。
Posted by A at 2010年03月31日 01:21
>>今年に関していえば、学生や大学がどうのというより、国家試験の作成する先生や厚生労働省側に問題があると思います。今回の試験で必修問題の点が足りず、不合格になった方は、不運としかいいようがありません。ですが、ちゃんと対策していけば9割は取れる試験問題だったように思います。来年に向けて、より柔軟に考える思考や、疾患に対する理解を積んでみて下さい。

おっしゃる通り一般臨床が8割越えながら必修落ちした友人がいます。

Posted by A at 2010年03月31日 01:25
下位の私立医大では毎年・毎学年で留年が多く、6年で国試受験まで至らない人が約半数なのは周知の事実。ストレートに6年で受験した人はほぼうかっていると推測します。真面目に勉強してきた人たちが合格してくださるのは大いに歓迎です。これからも御精進を期待します。個人的に疑問なのは、防衛医大の募集人員は80名(入学が何名かは存じません)で、毎年65名程度の受験なのは、中退が多いのでしょうか?
Posted by 蛾蜻蛉 at 2010年03月31日 21:48
最低が8割というのは私からするとさすが医学部という感じです。歯学部の最低はなんと32.5%の松本歯科大学。他の私立歯学部も40%代などめちゃくちゃです。やはり学生の質が歯学部と医学部では全然違うと思います。私は国立歯学部の学生ですが、医学部は底辺と言われる川崎医大も落ちましたから...。
Posted by at 2010年03月31日 23:48
>防衛医大の募集人員は80名で、毎年65名程度の受験なのは、中退が多いのでしょうか?

はい、その通りです。
特別職の国家公務員とはいえ、
6年間の寮生活
上級生と下級生の関係
日々の私的生活への干渉
等の理由で、給与を支給するから資格を取れに従えない人がいるのも事実です。

また、「防衛大学の任官拒否」や「自治医大の親が肩代わり」と同様のことが起きています。
Posted by 螻蛄 at 2010年04月01日 08:46
螻蛄様
お返事ありがとうございました。中退したらやはりお金は返すんでしょうね。国試で不合格だった方々の身分はどうなるのでしょうかね。
Posted by 蛾蜻蛉 at 2010年04月01日 19:58
今年の兵庫医大は確かに新卒96.8%の合格率でした。
記載されているデータで、新卒105人が出願したように書かれていますが、兵庫医大の新卒者は95人ですよ。その内、3人が不合格でした。既卒者が6人ほど受験したと聞いております。不合格の方は来年は頑張ってくれることを期待しています。
Posted by 兵医大 at 2010年04月02日 15:41
>今回留年した11人という貯金をどうするかは今後の課題ですが、どうしようもない学生を無理やり卒業させて、社会に放り出すのも無責任な大学になってしまいますからね。

今年の日医大は留年ではなく退学させたという話を聞きましたよ。来年に繰り越さないためにみたいです。本当なんでしょうか。さじさんが書いてないならただの噂なんですかね。卒業させないで退学なら、本当の無責任な大学になってしまいますね。
Posted by 日医大 at 2010年04月02日 17:43
もっと厳密なランクを知りたいですね。つまり医学部入学者数に対する6年後の現役合格者数、合格率。例えば2004年に入学した学生のなかで、退学や、留年をせずに6年後にストレートで国家試験に合格した人の割合。(各大学とも相当数の退学・留年者がいるはず。)それがわかると医師養成に関する大学の真の実力がわかる。やはり医師養成の実力は入学後最短の6年間で医師をどれだけ育てたかでしょう。
Posted by at 2010年04月03日 12:33
それを出すと東大とか結構低くなるよな・・・
Posted by ↑ at 2010年04月03日 15:40
>下位の私立医大では毎年・毎学年で留年が多く、6年で国試受験まで至らない人が約半数なのは周知の事実。

それは事実ではありません;
金沢医科大学、今年の卒業生です。
ちゃんと数えたわけじゃないけど、およそ8割は至っています。

ちなみに40位で卒業した僕は
一般 73.5%
臨床 72.8%;
必修 91.4%
でした。 もちろん良くはないけど普通でしょ?
必修は実力不足なだけにジレンマに陥らず済んだだけだと思うけど。


Posted by 通りすがり at 2010年04月04日 01:12
最近の聖魔よくなってきているのでは?
Posted by うーん at 2010年04月05日 21:12
昔から製麻の卒業生はいい研修医がいる気がする
というか別にランク下のほうでも私大はいいヤツ多いよ
Posted by   at 2010年04月05日 22:39
>今年の日医大は留年ではなく退学させたという話を聞きましたよ。来年に繰り越さないためにみたいです。本当なんでしょうか。さじさんが書いてないならただの噂なんですかね。卒業させないで退学なら、本当の無責任な大学になってしまいますね。


今年卒業生がお答えします。実は当大学では今年から再入学制度ができました。つまり、元々「各学年での留年可能回数は1回のみ(最高12年学校に在籍できw)」という制限がありましたが、昨年までは6年生だけは何度やってもよいというかなり甘い感じでした。それをきっちり切り落としたわけです。その代わりに、留年回数券を使い切った人たちは、その後1年間は中退みたいな形にして、それから第6学年(?)に再入学!することで再び卒業試験受験資格を得ることができるようになります。要は後輩たちへの見せしめですよきっとwちなみに今回留年者11人のうち6人が、その見せしめとなりましたwだって何年いるんだよって感じの人たちばかりです。学費には困ってませんよきっと。でもこれからの後輩にとっては逆に良かったのかもしれません。

Posted by nms1 at 2010年04月10日 01:32
山梨大学の学生です。
ここは留年する人の数が多く、ストレートで進級し、6年で医師国家試験に合格する割合は6割いないようです。
みなさんの所はどうでしょうか?
Posted by コスモス at 2010年04月18日 16:54
山梨大学の学生ですが上の人の言っているのは大嘘です。ストレートで進級し、6年で医師国家試験に合格する割合は8割程度はあります。
今年は2年で大量に留年者を出しましたがそれまではそんなことはしていませんしね。そもそもストレートで合格するのが6割きる国立なんてほとんどないでしょ
Posted by だも at 2010年05月01日 01:26
>2年で大量に留年者

じゃあ駄目になりつつある大学というわけか。
Posted by   at 2010年05月01日 10:44
山梨の学生だお^ω^
毎年2年で大量に留年者出すお^ω^
今年はさらにひどく、6分の1以上留年したお^ω^
Posted by 山梨 at 2010年05月16日 14:07
やっぱり大半の私立医大の連中はそもそも学力(情報処理能力)に劣るということでしょう。
近年難易度が上昇してきているとはいえ、もともとは「開業医世襲お助け大学」、優秀でも貧乏人はまず門前払いして、親が金持ちの烏合の衆が競い合うだけだからね。
Posted by at 2011年01月16日 17:58
もしあの必修を見て学力どうこう言っているのなら笑ってしまいますね。
あんなのはほとんど対策やらなくたって8割前後取れる試験です。が、みな自信を持って8割取れると思えないのが必修。
かくいう私も必修偏差値60前後を推移していますが8割絶対に取れるか?と言われると不安です。
Posted by 105受験生 at 2011年01月28日 11:08
今年の受験生です。
二次の面接対策でサイトめぐっててここに着きました。なんかいろんな大学がボロクソ言われててびっくりしました。今まだ受験生の私からしてみたら内部事情なんてかけらも分かりませんが、医者になりたいと本当に思ってる人なら大学に入っても怠けたりさぼったりしない、みたいなイメージがあります。やっぱり周りに流されることが多いのかなとか思うんですけど、そこんとこどうなんでしょうか。
Posted by at 2011年01月31日 21:39
前の方
”他人と同じことをやってればいい”というのが一般的な医学部の常識ですが、一部の大学ではその常識が通用しません。
そういう意味でいくらやる気があっても大変かと思います。
毎年数人しか落ちない大学であれば、周りをみながら勉強を進めればほぼ落ちることはありませんが、数十人落ちるような大学だと周りをみながらやっていたら落ちる可能性がありますから。
いずれにせよ、医学部に入らないことには医師国試受験資格が得られませんので、頑張ってください。
Posted by 105受験生 at 2011年02月01日 19:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/145183739

この記事へのトラックバック