2010年03月25日

パパイヤの葉から抗がん作用を発見する。

パパイアに著しい抗がん特性、日米共同研究

 米フロリダ大は9日、パパイアの葉のエキスと葉茶に著しい抗がん特性を認めたとする研究結果を発表した。頸部がん、乳がん、肝臓がん、肺がん、すい臓がんで抗がん効果が確認されたという。

 同大のナム・ダン研究員と日本の研究チームは、乾燥したパパイア葉から抽出したエキスを10種類のがん細胞に垂らし、24時間後に効果を調べた。

 その結果、10種類すべてで腫瘍の進行が遅くなっていたことがわかった。また、エキスの濃度が高いほど効果が高いことも明らかになった。

 研究者らは、パパイア葉エキスがTh1型サイトカインと呼ばれるシグナリング分子の生産を促すことで、免疫系の調節を助けているためではないかと見ている。

 このエキスは正常な細胞には危害を加えず、現行のがん治療における一般的な副作用を防げることも明らかになったため、免疫系に働きかけてがんを退治する新たな治療法への応用が期待されるという。

 パパイアは、世界各地、特にアジアにおいて、さまざまな病気への民間療法のなかで使用されてきた。



 調理法があまり思いつきませんが、そのまま食べても美味しいパパイヤは美味しいですね。美味しくないパパイヤはホントまずいですが。この研究はパパイヤの葉、ということですが・・・。

 がん細胞に直接エキスを、という点がなかなか難しいか。まだ健康食品レベルの話でしかありませんが、ここから良い抗がん剤を作ることもできるかもしれませんね。


広告
posted by さじ at 11:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | がん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。