2010年03月07日

大麻の長期使用と精神病に関係がある

大麻の長期使用、精神病に関連 米専門誌

 大麻使用者について、使用期間が長いほど幻覚や妄想を体験したり、精神病に悩まされる傾向があるとの研究報告が27日、米精神医学専門誌「アーカイブズ・オブ・ゼネラル・サイキアトリー」に掲載された。

 平均年齢20.1歳の計3801人を対象にしたオーストラリア・クイーンズランド大学の調査によると、大麻を最初に使用した年齢が15歳以下の被験者が統合失調症を含む非感情性精神病を発症する割合は、大麻をまったく使用したことのない被験者に比べて約2倍高かった

 被験者の大麻使用期間は、3年以下が17.7%、4〜5年が16.2%、6年以上が14.3%だった。

 3801人のうち65人が統合失調症を含む非感情性精神病と診断されたことがあり、233人が少なくとも一度は幻覚を経験したことがあると答えた。

 報告では大麻の使用開始年齢の早さと、複数の精神疾患を発症する可能性には関連があると論じている。さらに幻覚を体験し始めた年齢が低い人ほど、大麻使用期間が長く、またより頻繁に使用していたことが分かった。

 しかし精神病と大麻使用の関係は複雑だとも指摘されている。報告は、精神病になりやすい人、つまり単発性の精神病症状を呈しやすい人ほど大麻に手を出しやすく、そこから大麻使用によっていっそう非感情性精神病に発展するリスクが高まりやすいと結論している。

 これまでの研究でも大麻使用と精神病の関連性は指摘されてきたが、交絡変数の取り扱いが適切でない問題があったという。クイーンズランド大学のジョン・マグラス(John McGrath)氏が今回の研究を率いた



 大麻は今のところ、害は少ないので解禁すべきであると言われていますが、実際はどうか分かりません。

 この研究にあるように、精神疾患になりやすい人ほど手を出しやすいということは、やはり規制しておいたほうがいいような気もします。


広告
posted by さじ at 05:30 | Comment(1) | TrackBack(0) | 精神
この記事へのコメント
この統計によると罹患率1.7%。
米国での統合失調症の罹患率は1%。
非感情性精神病と範囲を広げるのであればこの差は更に小さくなるでしょうね。
残念ながら“どこかの要請ででっち上げた感”が強いお話ですね(笑)

癌やエイズ等の消耗性疾患や、神経痛等への大麻使用を考えた方が建設的に感じる今日この頃です。
Posted by くま at 2010年03月08日 17:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック