2010年03月02日

奈良妊婦搬送死亡事件で、産科救急の充実が求められる

奈良・妊婦転送死亡:賠償訴訟 「救急充実願う」大阪地裁判決言及 

 奈良県大淀町立大淀病院で06年8月、同県五條市の高崎実香さん(当時32歳)が分娩中に意識不明となり、19病院に受け入れを断られた末、転送先で死亡した問題を巡り、遺族が町と産科医に約8800万円の賠償を求めた訴訟の判決が1日、大阪地裁であった。大島真一裁判長(島村雅之裁判長代読)は遺族の請求を棄却した。しかし、3時間以上も転送を待たされた経緯に触れ「産科救急医療の充実を願う」と付言した。

 原告は、夫晋輔さん(27)と転送先で生まれた長男奏太ちゃん(3)。主な争点は、産科医が頭部CT検査を実施せず、死因となった脳内出血ではなく妊娠高血圧症の子癇とした診断の過失と、救命可能性の有無だった。

 判決は、脳内出血が発生した時刻を、実香さんが頭痛を訴えた06年8月8日午前0時ごろと推認。その上で、「設備の整った医療機関にできるだけ迅速に搬送することを優先させた判断は不適切とは言えない」と産科医の過失を否定した。

 転送時期と実香さんの死との関係については「仮に(初期段階で)脳の異常を診断し、(設備の整った)奈良県立医大に搬送したとしても、手術開始は午前3時半ごろと考えられ、救命の可能性は極めて低かった」と述べ、請求を全面的に退けた。

 一方、判決要旨の朗読後、大島裁判長は産科救急医療の現状に触れ、「重症患者でも現場で搬送先を探しているケースが多く、『救急医療』とは名ばかりだ。人の命を守ることは国や地方自治体に課された責務で、産科など救急医療の再生を強く期待したい」と述べた。

 遺族の願いはかなわなかった。奈良県大淀町立大淀病院で分娩中に意識不明となり、19病院に転送を断られた末、死亡した高崎実香さん(当時32歳)の医療訴訟。大阪地裁は1日、町と産科医側への賠償請求を退けた。しかし判決は、実香さんの死後に浮き彫りになった産科救急医療体制の不備を指摘した。夫晋輔さん(27)は「判決は残念で実香に申し訳ない気持ちだが、裁判所の意見は良かった」と複雑な心境を語った。

 晋輔さんは法廷の原告席に背筋を伸ばして座り、じっと目を閉じたり、ハンカチで目を押さえたりしながら、判決に聴き入った。

 晋輔さんは毎回、裁判に出席する一方、各地で講演会などに参加し、産科医療の改善を呼びかけてきた。訴訟を起こしたことで、インターネットの掲示板でいわれのない批判や中傷も受けた。それでも法廷に足を運び続けたのは、実香さんが亡くなる直前に出産した長男奏太ちゃん(3)に「お母さんのおかげで産科医療が良くなったんだよ」と伝えたかったからだった。

 判決後、記者会見した晋輔さんは、請求棄却について「頭が真っ白で言葉が出ない」と唇をかみしめた。しかし、産科救急医療体制の改善を求めた裁判所の付言には、期待を込めた。「実香の命が重いことを改めて感じた。奏太に説明できると思う。医療界が受け止めて、早急に産科医療の体制を整備してほしい」と語った。また、石川寛俊弁護士は「主張が十分、受け入れられなかった。控訴するかどうかはまだ考えていない」と述べた。

 一方、西浦公章・大淀病院院長は「審理が尽くされた結果と受け止めている。産科救急医療体制の充実を強く希望するとともに、医療体制充実に努力したい」とのコメントを出した。

 19病院に受け入れを断られた高崎実香さんの死は、危機的な産科救急搬送システムの実情を浮き彫りにした。賠償請求は棄却されたが、産科医不足や、産科と一般の救急医療システムとの連携の不備など、医療システム全体の問題点に一石を投じた意義は大きい。

 実香さんの問題などを受け、厚生労働省は今年1月、産科救急医療を脳神経外科などと連携させるよう都道府県に通知。しかし、厚労省が昨年11月に発表した医療施設調査結果によると、分娩可能な医療施設は08年までの3年間で1割以上も減少した。背景には深刻な医師不足や過重労働があり、連携強化だけでは不十分だろう。

 実香さんの遺族は「二度と同じ事故が起きてほしくない」との思いから体験を講演などで訴えているが、医療界には「訴訟が多いから産科医が減る」などと遺族側を批判する意見もあった。救急医療体制の充実に向けて、患者側と医療界が手を携えて動いてほしい。

 06年8月7日、高崎実香さんが分娩のため奈良県大淀町立大淀病院に入院。8日午前0時ごろ頭痛を訴え、間もなく意識不明になり、けいれんを起こした。産科医は妊娠高血圧症の子癇と診断。病院は産科救急の転送先を探し始めたが、19病院に受け入れを断られ、午前5時47分ごろ、約60キロ離れた国立循環器病センター(大阪府吹田市)へ搬送。頭部CT検査で血腫が見つかり、帝王切開で奏太ちゃんが生まれたものの、実香さんは同月16日、脳内出血で死亡した。



 この事件当時の詳細は下記をご覧下さい。

 分娩中の脳出血を、18病院が受け入れ拒否して死亡。

 産科医の対応は、その人の診断で実行したものなので、責められるものではないと思いますが、救命救急システムに不備があるのは事実。

 とはいっても、医療側の責任なのかというと難しいところです。国民皆保険制度で運営している以上、全国どこの医療従事者、病院経営者も同じ想いなのではないでしょうか。

 「予算がない」と。

 医者は患者を助けたいと思っているにもかかわらず、受け入れ体制が整っていないというのは、誰の責任なんでしょうか。公共事業費やらどうでもいい私腹をこやすための税金投入をやめて、医療費に注ぎ込めばいいのでは。

 そもそも医療費が高騰している現状をみた上で、国、国民がどう思っているのか。こういう不幸なことがなければ変わらないというのが、情けないですけどね。

 消費税が増えることに政治家でも反対している人がいますけれど、じゃあどこから医療費を捻出するのでしょうか。疑問ですねコレ。国民皆保険制度を廃止しなければ国として医療水準を維持できないのでは?税金が医療費として適切に使われるのならば、別に消費税を上げても構わんと思いますけれど。ワカランです。どうしたらいいのか、ワカラン。ただ、こういう事件が起こったという事実と、今後こういう事件が起こらないようにするにはどうすればいいかを考えて、動いていかなければいけないんですわ。


広告
posted by さじ at 23:53 | Comment(1) | TrackBack(0) | 救急
この記事へのコメント
私は産科医が念のため頭部のCT検査をすべきであったと思います。医者のレベルを疑います。原因を調べるべく万全を期すのが医者の使命。なんでこんな人間が医者になれたのか?と思う医者、未熟な医者が多いように思います。私の主人は昨年7月1日、日本医療機能評価機構認定病院であり,救急病院でもある大阪労災病院で急死。新膀胱造設術の2週間後心肺停止しましたの電話。死因は出血大量死、心臓破裂の疑い、心筋梗塞疑い。日頃心臓の病気になったこともなく血圧は常に正常、既往症なし。何で病院で倒れて助けられなかったのか?循環器の先生が「手術していたら助かっていたが心臓外科の先生がオぺ中だった。」と言っていました。術後白血球が27000も有りずっと高かった。主治医は「どこかで出血してるか細菌か」と平気な顔をして言っていた。内科と連携して念のため心臓の検査をすべきであったと思う。手術前、医者になって5年目の主治医に敗血症て何?って聞いても答えられない。調べて後で返事するわけでもなく又手術中5,5リットルもの出血量。術後、執刀医の説明は全くなかった。手術前セカンドオピニオンに京大の小川先生を希望したが、紹介状を書いてくれなかった。「なんでそんな遠いところへ行くねん」(三好外科部長)遠いでしょうか?堺から京都、1時間もあれば車で行けるのに。癌は怖くないが医者が怖い。病院が怖い。今はそう思っている。許せない。8ヶ月経つが主人が急逝した悲しみ、地獄の苦しみは増すばかり、この悲しみ、苦しみを万分の一でも分かっていれば人の命を預かっている緊張感でもって万全を期して医療に携わることが出来るのではないかと思う。医療過誤は交通事故より多いと聞く。一人死んだらその遺族も精神的に死んだも同然なのです。昨年の酷暑夜7時から朝8時までクーラーが切られていたのです。主人は暑い、暑いとパジャマビシャビシャにして着替えていました。大手術した病人をそんな環境の中で苦しめていたのです。熱中症で死者も沢山出ていたのに。私も家ではクーラーなしで2分ともたなかったことを思うと本当に可愛そうな事をしたと悔しい思いをしています。原因は分からないと言うので病理解剖をしてくれといったのにしてくれなかった。
カルテには病理解剖を勧めたが連れて帰ると言った。と書かれていたので病院へ「何でそんなうそを書くねん」と怒鳴り込んだ。頭にきました。人を死なしたら後は病院の身の保全しか考えない。こんな病院一生私は許すことはできない。


Posted by 西本和子 at 2011年02月15日 08:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。