2010年02月05日

少女の9割近くが、痩せることへのプレッシャーを感じている

ティーン少女の9割、「やせ」へのプレッシャーを自覚=米調査

 米国のティーンエージャーの少女の10人中9人近くが、ファッション業界やメディアが作り出した非現実的な美のイメージの影響で、非常にやせた体形になるようプレッシャーを感じていることが、1日発表された調査結果で明らかになった。

 調査は、米国ガールスカウトが調査会社Truに委託し、13─17歳の少女1000人を対象にオンラインで実施。

 調査結果によると、回答者の3人に1人が減量のために食べることを我慢したことがあったほか、回答者の4人に3人は、ファッションは自分にとって「非常に重要」だと答えた。



 まあ小学生ぐらいでも女の子は自分のスタイルやらを気にしがちですからねぇ、今の世の中は。

 でも成長期なんで、ご飯を抜くよりも、ちゃんと食べてしっかり運動して、ボディバランス整えたほうが20〜30代で美人スタイルになる確率が高くなると思うんですけれどね。


広告
posted by さじ at 18:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 内分
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。