2009年12月28日

ビール大瓶1本以上で乳がん発生率が上昇する。

ビール大ビン毎日1本以上、乳がん1・75倍に

 毎日ビールを大ビン1本以上飲む女性は、まったく飲まない女性に比べて、乳がんを1・75倍も発症しやすいことが25日、厚生労働省研究班の調査で分かった。

 岩崎基・国立がんセンター予防研究部室長らは、岩手県や大阪府、沖縄県など10地域で40歳〜69歳の女性約5万人を13年間追跡調査。飲酒などの生活習慣と乳がん発症の関連を調べた。

 お酒をビールに換算して週に大ビン7本(アルコール150グラム)以上飲む人は、年齢や体重、喫煙歴、妊娠回数などを考慮しても、まったく飲まない人に比べて、乳がん発症の危険性が1・75倍高かった。週に1回以上飲む人では、1日に缶ビール1本弱(同10グラム)飲むごとに、危険性が6%ずつ増えた。

 アルコールが分解してできる発がん性物質のアセトアルデヒドなどが、乳がんを促進するらしい。岩崎室長は「飲酒によって大腸や肝臓がんの発症リスクが高まることが知られている。女性も飲み過ぎには気をつけて」と話している。



 適切なアルコール量は確か1日あたりでいうと缶ビール1本だった気がします。大瓶1本以上というとかなりのオーバー気味。乳がんだけでなく他の疾患のリスクも上がりそうです。


広告
posted by さじ at 18:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | がん
この記事へのコメント
アルコールと乳がんの関連性はアメリカじゃ常識なのですがね。今更日本で焼き直し調査ですか…。
Posted by jiro at 2009年12月29日 17:40
ほんと……かよ……
Posted by まつげエクステ  at 2009年12月30日 21:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。