2009年12月26日

産婦人科医、10年ぶりに増加の傾向に。

産婦人科医10年ぶり増…研修制度見直し効果

 全国の産科・産婦人科の医師数が昨年、10年ぶりに増加に転じたことが17日、厚生労働省の2年に1度の調査でわかった。訴訟リスクや過酷な勤務条件による医師の産科離れが指摘されているが、厚労省は「臨床研修制度の見直しなどで、新人医師が産科・産婦人科を選ぶ割合が増えている」としている。

 調査によると、2008年末の産科・産婦人科の医師数は1万389人で、前回調査(06年末)の1万74人から315人(約3%)増えた。しかし10年前の1万1269人からは約8%減。医師総数が27万1897人で10年前から約15%増えたことに比べると、落ち込みが目立つ。また、15〜49歳の女性10万人あたりの産科・産婦人科の医師数は39・8人。都道府県別では徳島が56・3人と最も多く、最も少ない奈良の28・3人と倍近い開きがあった。



 もともと、産婦人科というのは人気の科の条件を備えていますからね。

 まず、やりがいがある。生命の誕生を垣間見れる職であるし、骨盤外科医として、女性の生殖器関連の癌の治療など、全てを産婦人科の手で行うことが出来る。生殖補助医療など、幅広いお産ジャンルは数あれど、行えるのはプロの産婦人科医だけ。

 ただ、訴訟訴訟で馬鹿みたいに訴えまくった結果、産婦人科医は危険な仕事という認識が生まれてしまい、減少していましたが。今後はもっと増えてもおかしくないんじゃないですかね。産婦人科というジャンルが幅広いために、自分のやりたいことを選んで出来る上、どこへ進んでも絶対に需要はあるわけですから、食いっぱぐれもない。

 研修制度がどうのというより、訴訟沙汰が続いたために、無過失補償制度などが導入され、産婦人科医を保護する風潮ができはじめてきたから、ではないでしょうかね?


広告
posted by さじ at 03:29 | Comment(1) | TrackBack(0) | 生殖
この記事へのコメント

http://esp.cucuple.net/iye-unb/
↑↑↑ここで一晩5万でチοポ買ってもらった!!!!!

ホテル着いたらソッコー脱がされてチοポに食いつかれたしwwwww
ぬるぬる舌が尿道に入ってきて「うひょっ!」て声出しちまったよ(爆)

つか何度も精 汁吸われて最後カウパーしか出なくなったのにはワロタwwwww
Posted by 健一 at 2009年12月26日 03:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。