2009年12月25日

10分間の運動を行うだけで情報処理能力あは向上する。

10分の運動で頭スッキリ 筑波大が仕組み解明

 たった10分間の軽いジョギングで頭がスッキリする―。筑波大と農業・食品産業技術総合研究機構などの研究チームは22日、短時間の適度な運動が脳の認知機能を向上させる仕組みを解明したと発表した。成果は16日付の米科学誌ニューロイメージに掲載された。

 筑波大によると、これまで長時間の適度な運動が脳を活性化させることは「常識」として知られていたが、短時間でも脳が活性化することが科学的に裏付けられたのは初めて

 同大の征矢英昭教授は「メタボ対策だけでなく、健康な人でも昼休みにちょっとした運動をすることで集中力が高まる」と話している。

 征矢教授によると、研究は19〜24歳の男女計20人を対象に実施。50%の力で自転車をこぐ「中強度」の運動を10分間した後、脳の活動を画像化する装置で測定すると、全員で左脳の前頭前野の一部の血流が増加し、情報処理などの能力が向上したという。



 へぇー。ちょっと運動するだけでもいいんですね。

 長い間缶詰でやるよりも、適度に休みをとるとか、リラックス空間を提供するとかいうのは、結構どこでもやってることだとは思うんですけど、更に運動をするとより情報処理能力が向上するということです。

 さっそく明日から、能率の良い1日を。


広告
posted by さじ at 01:47 | Comment(1) | TrackBack(0) | 生理
この記事へのコメント
さっそく今日から試してみます!
Posted by 民事再生 at 2009年12月25日 18:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。