2009年12月18日

念力を医学的に実現しよう

“念力”の世界実現へ

 頭で考えただけで機械を動かすBMI(ブレーン・マシン・インターフェース)技術について、理化学研究所脳科学総合研究センターの藤井直敬さんが「東京テクノ・フォーラム21」(代表=老川祥一読売新聞東京本社社長・編集主幹)の研究交流会で講演した。

 “念力”の世界を実現させるBMI技術は、大別すると、脳に電極を差し入れて直接、意思につながる情報を読み取る方法と、頭につけたキャップから脳波や脳血流を読み取り、その情報を解析する方法の2通りがある。情報収集の精度は前者の方が高く、特に米国で研究が進んでいる。

 藤井さんがリーダーを務める理研のチームは、昨夏研究をスタート。脳と頭蓋骨の間に電極を挿入する独自の方法を追究しており、「安全性が高く、精度を落とさずに長期間使える」と、利点を説明する。

 将来は、寝たきりの人や神経疾患患者の生活の質向上など、様々な応用が期待される。藤井さんは「より安全で信頼性の高い技術を確立し、必要とされた時、すぐ提示できるよう開発を進めたい」と抱負を語った。



 身体が動かない人にとってはこの技術は有用。

 いずれ透視とかテレパシーなんかも、医学的にできるようになるかもしれませんけども。

 今ある「霊能力」は脳の血流が関係してたりしたら結構面白い。


広告
posted by さじ at 15:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。