2009年11月11日

神経膠芽腫の増殖を抑える画期的方法を東大が発見する。

脳腫瘍:「膠芽腫」の増殖抑える方法発見 東京大のチーム

 もっとも悪性度が高い脳腫瘍「膠芽腫」の増殖を抑える方法を、東京大のチームが見つけた。がんのもとになる幹細胞を無力化させ、動物実験で効果を実証した。臨床応用できれば、生存率の大幅な向上が期待できるという。6日、米科学誌「セル・ステムセル」電子版に掲載される。

 膠芽腫は脳腫瘍の約1割を占める。放射線や抗がん剤でたたいてもやがて再発し、患者の7割が診断から2年以内に亡くなるという。東京大医学系研究科博士課程4年の生島弘彬さんと東京大病院の藤堂具紀特任教授は、再発の理由は脳腫瘍のもとになる「がん幹細胞」が生き残るためだと考え、脳腫瘍患者から見つかった細胞増殖因子「TGFベータ」に着目した。その働きを抑える阻害剤を膠芽腫患者のがん幹細胞に作用させたところ、増殖が抑えられた

 健康な7匹のマウスの脳にがん幹細胞を注射すると、すべてが膠芽腫を発症し30〜45日で死んだ。一方、TGFベータ阻害剤を作用させたがん幹細胞を注射した7匹は、90日過ぎても無症状だった

 TGFベータには幹細胞を維持する機能があり、その働きを阻害することでがん幹細胞が無力化されるらしい。

 ドイツの企業が脳腫瘍患者の脳にTGFベータ阻害剤を直接注入する臨床試験を実施中で、生島さんらは今回そのメカニズムを解明した。チームの宮園浩平教授(分子病理学)は「がん幹細胞を阻害剤で無力化させ、残ったがん細胞を放射線や抗がん剤でたたくという組み合わせで、膠芽腫の治療が可能になるかもしれない。他のがんにも有効か今後調べたい」と話す。



 神経膠芽腫の画期的治療に結びつくかもしれません。

 体の色々な癌は、早期発見すれば治療できるものが多いのですが、脳の腫瘍はなかなか症状として特異的なものがないですし、更に悪性度の高いこの神経膠芽腫のようなものが出来てしまうと、どうしても治療できなくなってしまいます。

 TGF-β阻害剤を直接注入することで抑えることができるらしいですが、未だ臨床試験中。日本で実施できるのはいつからか。余命が短いだけに早めの承認をお願いしたいところです。


広告
posted by さじ at 00:46 | Comment(4) | TrackBack(0) | がん
この記事へのコメント
今年の夏、母がこの病で亡くなりました。54才で発病して一年半でした。
1日でも早く助かる病になることを期待しています。
Posted by 柳屋 at 2009年12月07日 17:03
父が先日、この病気だと診断され、余命平均1年といわれました。
ショックのあまり母も気が動転しています。
臨床試験でもなんでも、この治療に参加することはできないのでしょうか。
より明るいニュースを一刻も早く期待しています。
Posted by くら at 2010年01月20日 02:06
今年の2月膠芽腫で母親をなくしました。

去年の2月に摘出手術を受け、余命1年と診断されました。

少しでも助かる人が増えてほしいです。
Posted by えいちゃん at 2010年12月20日 13:37
発展させた、医療に労働と環境に並んだ、生命体と言う規模で奥儀を深化させていた理解がなくてはならない
Posted by みか at 2010年12月20日 23:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。