2009年11月04日

「がんに効く」と書かれている商品は100%がんに効かない。

「がんに効く」の悪質商法、消費生活センターに相談相次ぐ

 複合特殊素材メーカー「山本化学工業」(大阪市生野区)が開発した織物素材「バイオラバー」をめぐる薬事法違反事件で、関連会社社員らが京都府警に逮捕された後も、高額製品を購入したがん患者や家族らからの相談が各地の消費生活センターに相次いでいる。「がんに効く」とうたい、がん患者や家族らの切実な思いを踏みにじる悪質商法に改めて怒りの声があがっている。

 大阪府消費生活センターでは先月20日の逮捕以降、バイオラバー製品の購入者から「がんに効くと信じて購入したのにだまされた。返品したい」という相談が10件相次いだ。

 このうち、40代女性は「がん細胞を死滅させる効果がある」と説明会で聞き、闘病中の母親のためにバイオラバーのマットやベスト、ベルトなどを約300万円で買った。母親は昨年亡くなり、「お金を返して」と訴える。

 30代の女性もがんになった母親のために、通信販売でマットやベストのセットを約200万円で購入。がん患者の60代の男性は折り込みチラシを見て、ベルトとマットを約18万円で買ったという。

 いずれも「がんに効く」というキャッチコピーにひかれたといい、センター担当者は「根拠が定かではない効能をうたった健康用品の相談は多いが、バイオラバーはそうした中でもかなり高額の部類だ」と驚く。大阪だけでなく、奈良や千葉などの各県でも相談が寄せられているという。

 がん医療の向上に取り組むNPO法人「キャンサーネットジャパン」(東京)の川上祥子理事は「がんを告知されると本人も家族も冷静に受け止められず、『必ず治る』などの甘い言葉でアピールする商品や民間療法に数百万円単位で費やすことは珍しくない」と指摘する。

 今回の事件に限らず、インターネットなどでは玉石混交のがん治療情報があふれているが、「わらをもつかむ思いで民間療法を試すのはある意味当然。数多くのがん治療の信頼性を科学的根拠に基づいて判断できるような環境づくりを国を挙げて進めるべきだ」と訴えている。



収まらぬ「がんに効く」信じた消費者の怒り

 効果を信じてバイオラバー製品を約100万円で購入したものの、昨年9月に肺がんで死亡した大阪府柏原市の女性=当時(56)=の長女(30)は「いろいろな治療を試しても効果がなく、すがる思いだった母に製品を買うなとはとても言えなかった」と話した。

 女性は昨年2月に末期の肺がんと診断され、府内の病院で化学療法を続けているうちに、バイオラバーを取り上げたテレビの情報番組を見て興味を持った。動物実験でがん細胞を抑える働きがあるという研究結果を紹介するPR記事を読み、「直接見たい」と長女に懇願。体力が衰えて歩くのも困難だったが、電車で約1時間かけて販売店に向かった。

 その販売店こそ、今回の事件で京都駅前店店長が逮捕された「壮快薬品」の大阪駅前店だった。「私も使っています」「がん患者さんもよく来ますよ」。女性は店員の勧めでバイオラバー製のマットに寝て試した。「温かくなった気がする」。そう言って約100万円の製品を購入した。

 女性は帰宅途中に歩けなくなるほど疲れたが、製品を手に笑顔を見せた。だが、がんの進行は止まらず、昨年9月に亡くなった。長女は「生きる希望を失わせることになるから、母に製品を買うなといえなかった。私自身は半信半疑だったが、医師やいろんな人が推奨しているのをネットで見るうちに期待を抱いたのも事実。製品をよく検証してから情報発信してほしかった」と話した。



 もー。

 がんに効くっていう商品、すごく多いですよね。

 そもそもどういう組織型の何癌に効くというのか。強力な化学療法でさえ効くタイプの癌が異なるというのに。たかだか暖めたぐらいで何が変わるというのか。

 はっきり言って詐欺ですよ。例えば癌細胞をそのシートの上に1個おいて、その細胞が死んだら、がんに効く、とでも謳っているんでしょうか。

 こういう商品って、騙されるなって言われても騙されてしまうもんです。オレオレ詐欺と違って、身内ががんになったという状況において心の弱った人をターゲットにしているあたりが本当に腹立つ。

 何度も言ってますが、「がんに効く」という商品は100%、がんには効きません。

 本当にがんに効くのならば、既に保険適用されているはずですし、100万円も払うことはありません。

 医療関係者が見向きもしないほど効果がないからこそ、保険適用されていないのですし、検証もされないのです。

 もし気になるものがあったら、主治医の先生に相談して下さい。別に恥でも何でもありませんから。先生、こういう商品があるんですけど、どうでしょうか、って。効かないものは医者が「効かないと思う」って言いますから。

 「がんに効く」という商品を売っているところは100%信用しないのが正解です。


広告
posted by さじ at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | がん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。