2009年11月03日

食物繊維を摂ることで喘息や糖尿病を抑制することができる

食物繊維はぜんそくや糖尿病の抑制にも効果的 豪研究

 食物繊維がぎっしり詰まった食べ物には、ぜんそく、糖尿病、関節炎を寄せ付けないようにするためのカギが握られている可能性があるとする論文が、29日の英科学誌「ネイチャー(Nature)」に発表された。

 論文を執筆したシドニー(Sydney)のガーバン医学研究所によると、食物繊維はお通じを規則正しくしてくれるだけではない。免疫系の働きを高め、炎症性疾患の抑制に力を発揮するという

 ドライフルーツや豆など、食物繊維が豊富な食べ物が腸に到達すると、バクテリアがこれらを低級脂肪酸と呼ばれる化合物に変換する。低級脂肪酸は、腸内で一部の炎症性疾患を和らげてくれることで知られる。

 同研究所のチームは、オーストラリア・米国・ブラジルの科学者らとの共同作業により、これらの関係性をさらに詳細に明らかにすることができた。免疫細胞に使用され、低級脂肪酸を束ねる役割があることが知られている分子にも、抗炎症性があることがわかったのだ。

 研究は、食物繊維を腸内の微生物に関連づけて免疫反応を生じさせる仕組みを分子レベルで説明した点で、重要だという。

 研究は、食生活が免疫反応または炎症性疾患に対して多大な影響を及ぼす可能性があることを示していると、同研究所のチャールズ・マッケイ教授は指摘する。

「西洋のライフスタイルに関連した食生活の変化が、ぜん息や1型糖尿病などの自己免疫疾患の増加を招いていると考えられる」(マッケイ教授)。



 食事の欧米化はこんなところにまで影響していたとは。

 にしても食物繊維が喘息や糖尿病にまで影響しているなんて、普通考えませんよね。この研究は結構凄いと思います。

 和食の良さを改めて見直すいい機会かもしれません。和食の弱点は塩分だけですからねぇ。


広告
posted by さじ at 03:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 内分
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。