2009年11月02日

舌ピアスで脳膿瘍になる可能性があるのでご注意。

脳膿瘍で男性死亡、舌ピアスに命の危険も…神経科医

 ピアスは耳たぶに付けるものが代表的ですが、へそや鼻などにボディピアスをする人も増えました。

 しかしながら22歳の男性が脳膿瘍で亡くなるなど、神経科医は舌ピアスに危険があると警告しています。

 死亡した患者を担当したイスラエルの医師によると、舌から感染症が血流により脳まで広がることがあるとのことです

 もともと舌のピアスによって歯が欠けたり、口内感染症になったり、心臓に問題が生じることを専門家が言及していましたが、そういったリスクにも関わらず舌ピアスは欧米で人気があります。

 元スパイスガールズのメンバー、メル・Bや、アン王女の娘ザラなどが舌ピアスをしているなど、有名人の間でもファッションとして好まれています。

 この現状に対し専門科は、舌のピアスをする前に健康についてよく熟考するべきとしています。

 歯科学会の科学アドバイザーであるダミアン・ワルムスリー教授は、歯科医たちはピアスによる健康問題をよく認識していると伝えており、痛みをともなったり、歯が欠けたり、歯槽膿漏などの問題が出ているそうです。

 とくに感染症を伴いやすいことから、舌のピアスについてはその危険性を伝えた上で、出来るだけ避けたほうがよいと語っています。

 日本ではまだまだ欧米に比べると、ボディピアスをしている人は少ないですが、年々増えていることから、知っておくべき警告ではあります。



 虫歯治療なだけでも、歯のところから細菌が侵入して心臓の弁に付着したりします。

 舌のピアス、案外怖いかもしれません。

 まあ自業自得といってしまえばそれまでですが、若気の至りとならないようにご注意

 正直言って今までカッコいい舌ピアスを見たことがありませんしね。昭和のタケノコ族やローラー族を今みると死ぬほどかっこ悪いのと同じで、平成の舌ピアスが後世に笑われる文化であることは自明ではありますが、やりたいのならやればいいのでは、といったところでしょうか。


広告
posted by さじ at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感染
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。