2009年11月02日

運転が下手な遺伝子が存在した。

下手な運転に遺伝子が関係か=米研究

 米カリフォルニア大学アーバイン校の研究チームが28日、運転の下手さにDNAが関係しているとの研究結果を発表した。

 研究をまとめたスティーブン・クレーマー博士によると、ある特定の遺伝子変異が見られる人は、そうでない人に比べて、運転テストで20%以上も成績が悪いことが分かったという。

 クレーマー博士と研究チームは、遺伝子変異がある7人を含む29人に対し、運転シミュレーターでコースを15周運転してもらうテストを実施。1週間後にもう1度同じテストを行った。

 クレーマー博士は、この遺伝子変異が見られる人は最初からミスをすることが多く、時間の経過とともに習ったことを忘れる傾向も強いと指摘。米国人の約30%がこの変異を持っているという。



 車、苦手なんですけども

 車得意な人って、F1とか車の種類とか、そういうのに憧れる人ですよね。

 車全然興味ないんで・・・運転も・・・

 でも、あれじゃないですか、車の運転っていうのは、はっきりいって誰でも出来るはずなんですわ。学歴とか関係ない。20歳代のほぼ全てが一発で通る試験ですし。

 逆にアレを一発で通れないのなら運転しないほうがいいのかもしれません。

 もしかすると私にもこの遺伝子はある・・・のか・・・?


広告
posted by さじ at 03:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。