2009年10月19日

ギネ〜産婦人科の女たち〜とノーフォールト岡井崇

 今日たまたま書店で、ノーフォールトの文庫版を発見したんですけど

 あれの帯が、今やっているドラマ「ギネ」のものでした。

 何でだろうか、と思ったんですけど、あのドラマって、ノーフォールトが原作なんですね。

 知らなかった。

 単なる産婦人科ドラマかと思ってスルーしていましたが、よりによって大好きな小説が原作だったとは。



 その小説のあとがきのところに、文庫版では追加されている箇所がありました。ドラマ化にあたってプロデューサーと話をした、という内容なんですが、岡井先生はギネという名称に反対したというエピソード。確かに語感めちゃくちゃ悪いですよね、ギネって。私も、このドラマの題名聞いたとき、流行んないだろうな、と思っちゃいましたし。

 ただノーフォールトという題名も、分かりにくいから、ドラマだったらいいのかなぁと。一度も観たことないんですけど、原作に忠実なんですかね?というと結構現実的といいますか、医師の過酷さがありありと描写されるんじゃないですかね。結構面白そうじゃん、観てみようかな。

関連:上地雄輔が医師役のドラマ「ギネ〜産婦人科の女たち〜」


広告
posted by さじ at 03:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。