2009年10月18日

難病指定に新たに11疾患を追加する。

厚労省、難病に11疾患を追加 既定方針変更せず

 厚生労働省の山井和則政務官は16日、医療費の助成対象の難病に11疾患を追加すると発表した。2009年度補正予算で追加に必要な29億円が盛り込まれていたが、政権交代で執行されるかが焦点だった。助成対象の難病は計56になる。

 追加するのは、間脳下垂体機能障害、家族性高コレステロール血症、脊髄性筋萎縮症、球脊髄性筋萎縮症、慢性炎症性脱髄性多発神経炎、肥大型心筋症、拘束型心筋症、ミトコンドリア病、リンパ脈管筋腫症、重症多形滲出性紅斑(急性期)、黄色靱帯骨化症。

 厚労省は月内に都道府県に通知。今月1日以降の医療費について助成の対象とする。

 国の難病対策では現在、治療法の開発や原因究明を進める「難治性疾患克服研究事業」の対象に130疾患を指定。このうち45疾患に医療費も助成している。今回の11疾患は克服研究事業の対象だが、患者団体の要望などを受け、助成対象に追加することにした。



 難病指定されるのとされないのでは大違いですからね。こうやって治療法の確立していない疾患が難病指定されるのは良いことです。しかし難病指定が増えると、国が払うお金も増えてくるので、潰瘍性大腸炎などの難病の中でもメジャーな疾患を難病指定から外そうという動きもあるようです。医療費が増えるのは当たり前ですし、人命がかかっているんですから、増えてしかるべきだと思いますけどね。
広告
posted by さじ at 09:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック