2009年10月18日

2009年度・病気がわかるWEB大賞の投票が開催される。

「病気がわかるWEB」を選ぶ一般投票始まる

 病院検索サイト「QLife(キューライフ)」を運営するQLife(山内善行社長)は15日、「2009年Best疾患啓発サイトアワード『病気がわかるWEB大賞』」(読売新聞東京本社など協力)を開催すると発表した。

 同賞は、製薬会社が開設している「疾患啓発サイト(患者やその家族向けに病気のことを詳しく説明するサイト)」の存在を広く知ってもらうために行われる。疾患啓発サイトに絞って賞が開かれるのは初めてだという。

 選考対象は事前にノミネートされた計11サイト。一般、特定疾患、女性に多い疾患の3部門に分かれ、10月15日から31日まで一般投票を受け付ける。

 ノミネートされているサイトはQLifeの投票ページに公開されている。大賞は11月16日に発表される予定だ。



 面白い!

 以下、ノミネート11サイトですが、製薬会社が作っているだけあって、どれも素晴らしいサイトです。

 こちらで直接サイトをみてもいいんですが、それよりもこちらの投票ページから観たほうが、より分かりやすく面白くなっています。

 是非ご覧になった上で、投票していただけたらと思います。どれが大賞に選ばれるのかすごく興味ありますし。

【ノミネートサイト一覧】

こころのくすり箱
グラクソ・スミスクライン株式会社

インフルエンザ情報サービス
中外製薬株式会社

ADHD.co.jp
日本イーライリリー株式会社

頭痛オンライン
アストラゼネカ株式会社

Diabetes.co.jp
日本イーライリリー株式会社

Parkinson's Disease
日本イーライリリー株式会社

クローンフロンティア
田辺三菱製薬株式会社

UC WAVE Online
旭化成クラレメディカル株式会社

乳がんjp
アストラゼネカ株式会社

婦人科info
ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社


広告
posted by さじ at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。