2009年10月04日

2009年度イグ・ノーベル賞を3年連続で日本人が受賞する。

「イグ・ノーベル賞」パンダのふんで生ごみ減量の田口名誉教授受賞

 ユーモアにあふれた科学研究などに贈られる「イグ・ノーベル賞」の授賞式が1日、米マサチューセッツ州ケンブリッジのハーバード大で開かれ、パンダのふんから分離した菌で生ごみの90%以上の減量に成功した研究で、田口文章北里大学名誉教授(72)が生物学賞を受賞した。

 ふんを利用し、ごみを大幅に減らすという一石二鳥で地球環境に優しい研究が評価された。授賞式に出席した田口氏はあいさつで「パンダは愛くるしい動物ですが、ふんは見た目からは想像できないほど大量で、研究は面白い経験でした」と述べ、約千人の聴衆から大きな笑いが起きた。

 田口氏は上野動物園(東京都)でパンダのふんをもらって研究を進めた結果、分解能力の高い菌を発見、家庭用生ごみで試したところごみの95%以上を水と二酸化炭素(CO2)に分解することに成功した。実用化に向けた研究を継続中だ。



 このイグ・ノーベル賞を受賞するのも、かなり大変なんですよね。大変名誉なことだと思います。

 しかしパンダのふんから分解能力の高い菌の存在を考察するあたり、さすがです。確かに笹を食べているということはそれだけ分解能力は高いうことですからね。

 イグ・ノーベル賞、もしかして3年連続で日本人が受賞してますね。しかも日本人は大変凄い研究をやっています。

2008年度イグ・ノーベル賞発表。2年連続で日本人が受賞する。


広告
posted by さじ at 16:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消化
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック