2009年09月29日

過敏性腸症候群への理解を深める運動を行う。

過敏性腸症候群の啓発活動を10月から開始―アステラス

 アステラス製薬は10月1日から、過敏性腸症候群(IBS)への気づきや受診、治療を呼び掛ける「IBS疾患啓発活動」を開始する。

 過敏性腸症候群は通常の検査で異常が認められないにもかかわらず、腹痛や下痢などを繰り返す機能的な疾患。ストレスをはじめとするさまざまな病因によって引き起こされ、下痢型、便秘型、両方を繰り返す交替型の3つに分類される。同社によると、日本での患者数は約1200万人と推定されており、若年層に多い傾向があるという

 「IBS疾患啓発活動」では、啓発のためのテレビCMやラジオCMを全国で放送するほか、専用のウェブサイト「IBSネット〜腸、快適生活!〜」を開設し、セルフチェックの方法や治療法などについての情報を提供する。また、過敏性腸症候群を啓発するための一般向け小冊子を医療機関で配布する。

 同社では、過敏性腸症候群治療剤コロネルと、下痢型過敏性腸症候群治療剤のイリボーを販売している。



 過敏性腸症候群で悩んでる方、結構おられるのではないでしょうか。

 体質のせい、ストレスのせいとはいっても、やはり日常生活に支障を来たしかねないものです。一度病院で薬をもらってみるのも手だと思います。

関連
医学処:過敏性腸症候群が低年齢化。不登校の原因に
医学処:強い不安や緊張からくる症状を森田療法で改善しよう


広告
posted by さじ at 06:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消化
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。