2009年09月28日

勤務医110番に大学院生や外科医から相談が相次ぐ。

勤務医110番に相談相次ぐ

 勤務医を中心につくる労働組合「全国医師ユニオン」(植山直人代表)は27日、「名ばかり管理職」や勤務医の労働条件に関する電話相談を受け付けた。長時間労働や頻繁な当直、残業代についてなど計29件の相談があった。

 ユニオンによると、大学病院や外科の勤務医からの相談が目立った大学院生が雇用契約を結ばずに無給で診療させられている▽医師としての勤務が厳しくて自殺したのに、過労死による労災が認められない▽患者の家族から脅迫があって精神的に参ってしまい働けなくなった、などの相談があったという。



 なんか、せつないですねぇ。

 確かに大学院生の問題が挙げられていますが、今でも無給で働かせているところも結構あるんじゃないですかね。ちゃんと考えているところは、給料を払っているようですけれども。

 勤務医は医師の中でも過酷なのですから、それなりの社会保障を考えていただきたいところです。

関連
医学処:何故勤務医はこんなにも清貧なのか。
医学処:かかりつけ医に、うつ病の早期発見のための研修を行う。
医学処:勤務医の12人に1人が「うつ状態」になっている。


広告
posted by さじ at 03:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。