2009年09月26日

かゆみを感じる、頭頂葉内側部の楔前部を特定する

かゆみのメカニズム解明 アトピーなどの薬開発につながる?

 「かゆみ」を感じる脳の部位を自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)の柿木隆介教授らが特定し、24日までに米学会誌に発表した。頭頂葉内側部の楔前部と呼ばれる部位で、類似点が指摘される「痛み」とは別の、かゆみ独自のメカニズムの存在を明らかにしたのは初めてという。

 柿木教授は「アトピーなどのかゆみを抑制する薬の開発につながるかもしれない」としている。

 柿木教授らは、手首に取り付けた電極を通じ、かゆみを電気的に引き起こす装置を開発。機能的磁気共鳴画像装置(fMRI)と脳磁図で被験者の脳内を調べたところ、感覚の情報を処理する楔前部が反応していることを突き止めた。

 かゆみの認知は痛みの認知との共通点もあるため「かゆみは痛みの軽いもの」との見方もあったが、楔前部は痛みを感じる際には反応しないという

 ヒスタミン注射でかゆみを起こす方法もあるが、不快感やかゆみ以外の作用が同時に起きるため、かゆみの純粋な反応を調べることはできなかったという。



 かゆみってのはホント、ある意味痛み以上に耐え難いものですからね…。かゆみを抑えることが出来ればかなり楽になる。

 かゆいから皮膚を引っかいてしまって、結果的に症状が悪化する、というのもありますから。この部位に働く薬でも出来れば皮膚科的には大助かり、なのでは。

関連
医学処:アトピーのかゆみを軽減する下着を開発。その秘密は鉄フタロシアニン
医学処:肌のかゆみをスキンケアで抑えて、高齢者も快眠に。
医学処:アトピー性皮膚炎の新治療薬は免疫抑制剤ネオーラル


広告
posted by さじ at 01:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 皮膚
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。