2009年09月21日

英国の入院患者の病院食献立ブログが大人気。

病院食にうんざり!英入院患者の献立ブログ

 病院食のあまりの質の低さにうんざりした英国の入院患者が、携帯電話のカメラで毎食の写真を撮ってブログにあげ、ブログの読者たちに写真のメニューは何かを当てさせる「病院食ビンゴ」ゲームをやっている。

 この男性患者のブログ上には現在までに、病院食メニュー35種類の写真が載っているが、ビンゴに参加した人たちは、約半分について何のメニューか当てることができなかった。

 写真には、そのメニューを食べた男性患者の「感想」もついている。マカロニチーズの感想は「壁紙用ののりだったんじゃないかと思える物体。誰かの作業着にこれをまき散らし、そのまま飛行機の底にべたっとはりつけて、そのへんを曲芸飛行でひとっ飛びしても大丈夫そう」といった具合だ。

 ブログの主は「トラクション・マン(Traction Man)」とだけ名乗っている。デーリー・テレグラフ(Daily Telegraph)紙によると、この患者は珍しい骨の病気で2月から入院している。

 病院の名前は明かされていない。なぜなら、トラクション・マンによると病院の治療は「文句なしに素晴らしく」、スタッフも「最高」だからだそうだ。



 これは確かにまずそうですけど、どうなんでしょう、こういっちゃアレですけど欧米の食事ってこんなんじゃないですか。

 日本の病院食もまずいまずいと言われてますけど、最近のはそんなにまずくないですよね。何箇所かの食事食べたことありますけど、結構おいしいですよ。あれだけコストのかかってない、そしてカロリーや栄養バランス、そして塩分も計算されてたら、まあ味気ない食事になってしまうのはしょうがないですけど、お金の割にはおいしい。

関連
医学処:入院中、お見舞いに持ってきてほしい物
医学処:[入院生活板] 入院中によくあること。


広告
posted by さじ at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。