2009年09月21日

傷を乾かさずに治す浸潤療法で皮膚を再生する。

湿潤療法:傷を治す 乾かさず、傷口から出る「滲出液」で皮膚再生

 軽い傷ができた時、消毒や乾燥をせずに、適度に潤いを保って治す「湿潤療法」が広がり始めている。痛みが少なく、きれいに早く治るのが特徴。傷を乾かして治す従来の治療法とどう違うのか。

 「顔に傷跡が残らず、ほっとしました」。東京都内に住む母親(36)は、長女(3)がやけどを負った2年前を振り返る。

 当時1歳3カ月だった長女は、台所に置いたコーヒーカップを倒し、熱いコーヒーを頭からかぶった。すぐ水道水をかけ、服を脱がしたが、やけどは顔から首、胸に及んだ。救急車で大学病院に運び、応急処置を受けたが、帰宅後、ガーゼ交換のたびに傷が張りつき痛がった。

 知人から湿潤療法を聞き、翌日、同療法を実践している柿田医院(東京都杉並区)を訪れた。やけどは中程度の2度。消毒はせず、保湿効果のあるワセリンを塗り、傷口を湿潤状態に保つ被覆材で保護する治療をした

 通院は週2回。病院に行かない日は母親が1日1回、被覆材を替えた。母親は最初、ガーゼも消毒もしない治療法に戸惑ったが、湿潤療法を始めた10日後、顔のやけどはほぼ消えていた。

 「消毒せずに、傷を湿潤の状態に保つと、皮膚の自然治癒力が発揮されます」。女児を治療した柿田豊副院長は説明する。

 傷からしみ出す「滲出液」と呼ばれる体液は、傷の再生を促す物質を含む。しかし、消毒後にガーゼで覆い、乾かしてかさぶたを作る従来の治療方法だと「ガーゼが滲出液を吸い取り、傷が乾燥して、皮膚の細胞が死んでしまう」。適度な湿潤環境を保てば、滲出液が働いて皮膚の再生を助け、傷跡が残りにくいという。

 ばんそうこうも湿潤タイプが相次ぎ登場した。ジョンソン・エンド・ジョンソンは04年3月、日本で初めて家庭用ばんそうこうに湿潤療法を取り入れた「バンドエイド・キズパワーパッド」を発売した。医療現場で床ずれ治療などに使われていた吸水性高分子素材「ハイドロコロイド」が、滲出液を吸ってゼリー状になり、傷口を湿潤に保つという。同社広報室は「発売以来、売り上げは毎年成長を続け、08年は04年の5倍に伸びた」と話す。

 1枚当たりの価格は、肌色の通常タイプの約6倍と高めだが、3日間張り続けるため、通常タイプを1日2回張り替えるのと同程度という。ニチバンも07年3月、吸収性の高い素材を使った「ケアリーヴ バイオパッド」を発売した。

 「湿潤療法が日本で広がり始めたのは、わずか10年ほど前です」と話すのは、医師らで作るNPO(特定非営利活動法人)「創傷治癒センター」理事長の塩谷信幸・北里大名誉教授(形成外科)だ。

 1962年、英国の動物学者が動物実験を行い、傷の表面が乾いた場合より、滲出液がたまっていたほうが治りが早いことを証明した。この発表を受け、海外では湿潤ケアを取り入れた医療用品が開発されるなど徐々に広がった。しかし日本では、感染症などへの医師の抵抗感が根強く、傷を乾燥させる従来の手当てが主流という

 では、自分で傷を手当てする際、どんな点に注意すればいいのだろうか。塩谷理事長は「まず家庭で処置できる傷かどうかの見極めが大切」と注意する。軽い傷なら、湿潤効果があるばんそうこうで保護すれば十分だ。

 しかし▽傷に木片やガラス、服の繊維など異物が入り込み取れない▽なかなか血が止まらない▽傷の周りが赤く腫れたり、痛みが消えない▽動物にかまれた−−などの場合は、医師に診てもらったほうが安心だ。特に、すり傷にもぐり込んだ砂や泥、ゴミ類は水で流しにくい。異物を残したまま皮が再生してしまうと、入れ墨のように跡が残ることもあるという。

 同センターはホームページで、一般向けに湿潤ケアに関する情報を公開したり無料カウンセリングなどを実施している。



 ラップ療法として以前取り上げたものと同じです。最近は結構一般にも普及してきたようです。

 昔は乾燥させるのが当たり前とされてきましたが、今ではそんなことはないです。医学の進歩により、今まで当たり前とされてきたことが変わる、そういう境目にいるわけです。

 正しい知識で実践してみてください。

 傷の手当ての心得

・けがをしたら、まず水で洗う
・やけどをした場合は、衣服を脱ぐ前にまず水で冷やす
・やけどの傷が1カ月後も閉じない時は皮膚移植が必要
・傷の表面は潤った状態に保つ
・傷を治すのは自分の治癒力

 =NPO法人創傷治癒センター作成(抜粋)


関連
医学処:新しい傷の治し方、ラップ療法について学び実践しよう
医学処:世界一薄い、ナノばんそうこうを早稲田大と防衛医大が開発する。


広告
posted by さじ at 09:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 皮膚
この記事へのコメント
さじさん、こんにちは
湿潤療法の件ですが今はどうお考えでしょうか?
当方も2cm程の傷を病院で縫合してもらい1週間後に抜糸しましたが傷口は塞がっておりませんでした。
現在の処置としてゲンタシン塗って絆創膏で覆っているだけなので、出血はありませんが傷口は未だ開いたままです。
形成外科学会では推奨されていない湿潤療法を形成外科医に聞くのも気が引けてとりあえずゲンタシン処方されている訳です。
湿潤療法も湿潤療法で調べる度に怪しくなって、実際に試すことには至っておりません。
最近では火傷患者へのラップ療法によって壊死したケースもあるみたいですが、現在のさじさんのお考えを伺いたくコメントいたしました。
ちなみに怪我は中手指節間関節付近のため傷口が塞がりにくいようです。
長文乱文失礼いたしました。
Posted by at 2012年12月03日 14:34
どうも!コメントありがとうございます。
正直悩ましいところですね。ちゃんと感染しないようにして、浸潤療法をやらないと化膿のリスクはかなり高いと思います。
逆に綺麗に治る可能性もある…今までの医療は強めの消毒ありきだったので、それは間違いだとは思うんですが、実際に適応となるかどうかはしっかりとラップ療法を学んだ医師に限られるかなぁと思います。
私も自分に一度やって失敗したことがあるので…いやはや
Posted by さじ at 2012年12月04日 02:37
丁寧な回答ありがとうございます。
やはり湿潤療法も当方のような素人が安易にやってはいけないですね。
傷の方も結構深いので今回は根気よくゲンタシンと絆創膏で頑張ってみます。形成外科も今度また受診するようになっていますので、それまで好転しなければ担当の形成外科医師に相談してみます。
傷跡の方もかなり残りそうですが、その件についても相談します。
大変参考になりました、ありがとうございました。
Posted by at 2012年12月04日 10:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。