2009年09月21日

不眠の原因:生活習慣が不規則、深夜にインターネット

ヒューマ、睡眠に関する意識調査

 健康食品や化粧品のマーケティングリサーチをしているヒューマは、健康・美容・生活をテーマにした、オリジナル情報発信サイト「ココミル」を運営している。今回、会員数33万名の「ココミル」で、「睡眠に関する意識調査」を行った(5417名から有効回答)。その結果、就寝時間は24時〜25時が56%、平均睡眠時間は5.6時間だった。睡眠不足の原因の上位は生活習慣が不規則、将来への不安、深夜にインターネットが上位となった

 今回は現代人の睡眠状況と、人によって違う「睡眠」や「不眠」について検証した。

 不眠症対策については、全体で見ると「特に対策をしていない」が目立つが、満足度の高い人と低い人の差で見ると、非常に特徴的であることが分かった。満足度が低い人は、「病院に行く」、「薬を飲む」、「サプリメントや健康食品を使用する」などが上位なった。その他の対策として、「意識的に楽しいことを考え、ストレスも早いうちに発散」「昼間に少しでもいいから、日光を浴びて散歩をする」「好きなことや楽しいことをたくさんする」「規則正しい生活が一番」「ホットミルクやアロマ」「寝る前のストレッチ」「布団や肌掛けを変えてみる」などがあった。



 生活習慣を改めることで、薬など使わずにもある程度の不眠は治るでしょう。

 インターネットばかりやっていると、強い光刺激を受け続けるため、不眠の原因になるといわれています。

 寝る前はまったりと好きな本でも読んでリラックスする、ゆとりある生活を心がけることが大事です。

関連
医学処:サマータイムによる睡眠障害が引き起こす損失は1200億円
医学処:体内時計の時刻を簡単に測る方法を開発する。


広告
posted by さじ at 03:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。