2009年09月20日

日本の視覚障害者の数が164万人にも上る。

国内の視覚障害者数は164万人―日本眼科医会

 日本眼科医会は9月17日、2007年現在の視覚障害者数は約164万人に上ると発表した。高齢化がさらに進む30年には202万人とピークに達し、医療費に加え、家族の負担や低雇用率、QOL(生活の質)の低下などを金額に換算した視覚障害のコストは11兆円に膨らむと試算。緑内障、糖尿病網膜症など原因疾患の予防・早期診断に対する国民意識の向上、より積極的な治療が必要としている。

 眼科医会は公的資料や疫学研究などを基に視覚障害者数を算出。良い方の矯正視力が0.1超0.5未満の「ロービジョン者」が144万9000人、0.1以下の「失明者」が18万8000人の計163万7000人となった。原因疾患は、緑内障24%、糖尿病網膜症21%、変性近視12%、加齢黄斑変性症11%、白内障7%の順となり、上位5疾患で4分の3を占めた。



 結構いますね。やはり緑内障、糖尿病性網膜症が多いようです。これらの疾患は、定期的な検査などで早期発見することが可能ですので、眼科の定期健診を怠らないようにして下さい。

関連
医学処:人間ドックや大学病院でも見落とされている「緑内障」
医学処:盲導犬と触れ合う体験イベントを行う。
医学処:「チャート式数学」の完全点訳に筑波技術大が成功する。


広告
posted by さじ at 00:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 眼科
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。