2009年09月19日

免疫力が上がると謳う健康食品が増えるが実際に効果があるのは…

免疫力増強うたう食品増えるも、効果認証は4種だけ

 最近、新型インフルエンザ予防や治療に効果があるとうたう食品広告が増えているが、実際に国内で正式に免疫力強化が認められた食品原料はいくらもない。

 食品医薬品安全庁が18日に明らかにしたところによると、製品に「免疫力増強(維持)」という機能性を表示または広告することが認められている健康機能食品原料は、紅参と高麗人参、アロエ、 アルコキシグリセロール含有サメ肝油の4種だけとなっている。

 これら原料を十分に使用したという検証を受けた健康機能食品だけが「免疫力増強」と表示することができる。一部、シイタケ菌糸体やメシマコブ含有製品などが個別に免疫力増強機能を認められているが、そのほかの食品が免疫力の増進を助けると宣伝するには、製品ごとに食品医薬品安全庁の健康機能食品認定を受けなければならない。

 免疫力増強を助けると認められた食品でも、新型インフルエンザなど特定疾病の予防や治療に効果があると宣伝すれば、違法行為となる。食品医薬品安全庁関係者は、こうした誇大広告への注意を呼びかけている。



 健康食品で、本当に効果があるのなら、

 既に医薬品に格上げされて医療機関で使われますよね。

関連
医学処:糖尿病やがんに効果があると謳った健康食品の嘘
医学処:慶應大学医学部の準教授に健康食品会社が1200万円を渡す
医学処:健康食品と医薬品の関連をまとめた健康食品ポケットマニュアル


広告
posted by さじ at 22:52 | Comment(1) | TrackBack(0) | 内分
この記事へのコメント
でもアレルギーはもしかして増える?
Posted by oz at 2009年09月22日 21:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。