2009年09月16日

天才数学者アラン・チューリングの名誉、55年ぶりに回復する。

天才数学者 55年ぶり名誉回復 チューリングに英首相謝罪

 ブラウン英首相は十日、第二次世界大戦中にドイツ軍の暗号解読に歴史的功績を挙げながら、同性愛を理由に自殺に追い込まれた英国人の天才数学者アラン・チューリング(一九一二〜五四年)に謝罪する声明文を出した。

 チューリングはわずか二十四歳の時、現在のコンピューターの基本原理となる思考上の計算機械「チューリングマシン」を発案。コンピューター科学の父ともいわれる。第二次大戦中は、暗号の傍受・解読機関のスタッフとしてドイツの暗号機「エニグマ」の理論的解析などに成功した。

 だが、五二年に当時、違法とされた同性愛が発覚。有罪判決を受け、同性愛治療として女性ホルモンを投与された。政府研究機関への出入りも差し止められ、五四年に失意のうちに服毒自殺をした。

 ブラウン首相は声明で「彼の抜群の功績がなければ第二次世界大戦の歴史は変わっていたと言っても過言ではない」と指摘。「時計の針は戻すことはできないが、彼に対する処置はまったく不当であり、深い遺憾の意を表す」とした。チューリングをめぐっては、科学者や同性愛者らが政府に公式謝罪と死後叙勲による名誉回復を求めていた。



 当時は同性愛が迫害されていたというのは知っていましたが、治療として女性ホルモンを強制的に投与されていたんですね…。というか女性ホルモン投与で同性愛が治るわけでもないと思うんですけど。

 過ちを公式に首相が認めたのは評価できます。


広告
posted by さじ at 01:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 内分
この記事へのコメント
旅先で道を聞くに最も適した旅先案内人だったわ、現地まで付き添って頂いたわ私相手を厳選して選んだわ!普通の男にも聞けないわこちらへおいで、こちらへおいで、ここには敵は一人も居ない寒い冬と酷い天気のほかにはね『シェイクスピア詩集』にて
Posted by みか at 2011年05月28日 12:13
絵画の案内人は今年は実り豊な炭坑労働の歴史を国連教育科学文化機関(ユネスコ)から我が国の歴史と発展と共に、一枚私の自宅に今飾って置きたい絵画が見つかったわ良かった!手元にない絵画を見たまま心に焼き付いて離れないどの魅力を未知の満ち足りなさとシンクロナイズされる
Posted by みか at 2011年05月30日 11:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。