2009年09月09日

年齢とともに増加し免疫力を低下させる特殊な「悪玉リンパ球」

悪玉リンパ球:京大大学院が発見 「若返り」可能に?

 京都大大学院医学研究科の湊長博教授(免疫学)らの研究グループがマウスを使った実験で、年齢とともに増加し免疫力を低下させる特殊な「悪玉リンパ球」を見つけ、7日付の米科学アカデミー紀要(電子版)に発表した。悪玉リンパ球の除去がヒトで可能になれば、がんの免疫療法の効率化や高齢者の感染症予防、「若返り」にもつながるとして注目される

 外部から病原体が侵入すると、胸腺で生まれる「Tリンパ球」が働き、体を守る。研究グループはマウスのTリンパ球から、免疫反応をしない上、がん悪化の原因物質を作るPD−1陽性Tリンパ球(悪玉リンパ球)が生まれることを発見した。



 へぇー。面白い発見ですね。

 Tリンパ球なのに免疫に関連しない、どころか、自身の細胞を癌化させる物質を作ってしまうとは。こういうリンパ球が実際に老化によって悪さをしているということが証明され、改善する治療がみつかれば、高齢者に多いとされる悪性疾患のいくつかの予防に繋がるかもしれません。結構大きな発見だと思います。


広告
posted by さじ at 04:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 内分
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。